2018年06月16日

☆彡LINEが便利な件。

こんばんは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。ゲームはあんまりしない子どもでした。
 さて、今さら感がハンパないタイトルですが、昨年10月にスマホになり、先月くらいからLINEをはじめました。
IMG_20180616_200745.jpg
生徒さんが「先生もやったらよろしねん。」と。こんなのをくれました。読んだ。でも放置する僕、見かねた生徒さんが「ちょっと貸してみ。」とあっという間にLINE野郎になりました。予約や変更の連絡が無料になるし、伝わっているかどうかが確認出来て便利だなと思います。
IMG_20180616_195801.jpg
でも、まだよくわかってない。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 20:18| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月15日

昭和の名工、田村兄弟のギター。満(みつる)編。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。お待ちかねの、待ってない?ま、そう言わずに。。
 田村兄弟、弟満(みつる)氏のギター。やっぱり1960〜1975年辺りが面白いなぁと思います。特徴は精密な作り。お兄さんのギターはツボは押さえているけれど、どこか量産型という感じがしますが、満氏のギターは完全手工品のこだわりが一層強く感じられます。1975年辺りから番号が大きくなり、No.1000 No2000 No3000 といった感じになってきます。ハカランダも単板です。弦長は650mm、スプルーストップが多くなります。白っぽい、黄色っぽい表板になります。今回のギターは1972年製、杉トップにパリサンドル単板というモデル。No.800です。660mmスケール、このころはヘッド角が浅く、同年代のラミレスを彷彿とさせる佇まいであります。サウンドは奥行きがあり、これでもかというほどロマンティックに鳴ります。それでいてキレもあって音色豊かな、表現意欲をそそる作品。ちなみに1972年はあさま山荘事件があった年です。あそこは当時、河合楽器の保養所だったというのですから不思議な縁を感じます。
IMG_20180614_140935.jpg
満氏は演奏者としても、素晴らしかったらしいです。
IMG_20180614_140956.jpg
ヘッドからして手工品のオーラがあります。
IMG_20180613_104153.jpg
左が兄廣氏、右は弟満氏、2018年に大阪府高槻市ムジカギター教室で揃って記念撮影と相成りました。ご両名ともすでにお亡くなりになっているそうです。まさに昭和の名工です。
このような時代の曲には非常にマッチするギターだと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/

posted by 樋口昌紀 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月14日

昭和の名工、田村兄弟のギター。廣(ひろし)編。

こんにちは。高槻ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。今夜は十三で会議です。
 さて、今回はマニアックな特集。高知県の名工、昭和の名工、田村のギターについて。1960年代から1980年くらいまでのギターをよく目にします。田村廣さんがお兄さんで、P30とかpシリーズをよく見ます。横、裏板は合板のものが多く結構な量を作っていたのではないかと推測されます。生徒さんで「おじいちゃんのギターなんですけど、、」って、P30でした。1969年製です。1969年、ちょっと調べました。流行語は「オヨビでない」「はっぱふみふみ」とかです。米国はウッドストックフェスティバルの年です。ボブ・ディランはナッシュビル・スカイラインです。その当時、今から50年前の¥30,000のギターという事です。河合楽器の給料は¥30,000だったとの事。(母談)ちなみに家賃は¥10,000。だから牛乳屋でパートしてたらしい。
IMG_20180613_093749.jpg
スプルース単板(杉が多いので珍しい)とローズウッド。弦長665mm、黒檀指板。
IMG_20180613_094030.jpg
もし、見つけたら大事にしたいギターですね。もう手に入らないでしょう。
IMG_20180613_094105.jpg
ヘッドもビシッと鋭角でカッコいい。驚くのはその製作技術。50年経っても何処も変形してない。ネックもまっすぐ。この人たちってスペインに修行とか行ってるんですかね。なんか修行に行かずに出来てしまってる感アリ。「木工なら俺たち日本人に任せとけ。」的な職人魂を感じます。この田村廣ギター今まで何本も見てきましたが1968〜1973年あたりが一番いいと思います。弦長が長くて、ドイツ式ジョイントで、よく歌うギター。クラシックギターの古い録音の音がします。P100とかも見ましたがハカランダになっているだけで、あんまり変わらない印象。しかも合板。P30で十分じゃないかなと思ってしまいます。80年代に入ると650mmとかになってます。周りに言われたんでしょうかね。「もうそんなデカいギター売れないよ。セゴビアなんか古いよ。」とか。でもギターラ・タムラの魅力はなくなってしまっているように思います。
スプルースなので少し繊細でおとなしめの音に感じます。杉のモデルはそれはそれは、豪快に朗々と鳴ります。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月13日

News ガンバッテ1年通ったら、弦をプレゼントしています。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。痩せません…
 ギターの弦交換、どれくらいの頻度で行ってますか?理想は3ヶ月くらいかと思います。よく練習する子は、
IMG_20180613_093903.jpg
こんな風に、弦が変色して切れてきます。ほぼ毎日弾いて3~5ヶ月でこんな事になると思います。ムジカギター教室では心ばかりのプレゼント、1年がんばった証に弦を1セットプレゼントしています。嬉しいじゃないですか。ムジカを見つけて、ムジカに通って、こんなになるまでギターを弾いてくれて。上手になって、みんな誇らしげに弾いています。
IMG_20180613_104323.jpg
弦はサバレス。間違いない。張り替えもサービスでしますよ。生徒の皆さん、いつもありがとうございます。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/

posted by 樋口昌紀 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月12日

どんなギターを買えばいいのか?何を基準に選べばいいのか?楽器屋さんに行くのは勇気が入りますよね。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。ご訪問ありがとうございます。
 さて、まだギターの事が全くわからない方から「ギターを買ったほうがいいのでしょうか?」「どんなギターを買えばいいのでしょうか?」という質問をよくお受けします。勇気を出して楽器屋さんに行っても、何をどう選べば分からないから店員さんに訪ねる事になりますね。すると「何が弾きたいのですか?」「どんな事がしたいのですか?」となるわけです。こっちからしてみたら「それも分からない。単にギターが欲しいのだ。」と言いたい。でもなんかモジモジしてると「弾き語りですか?」とくる。「ま、そういうのもしてみたいとは思いますけど、」といえばすぐに「じゃ、フォークギターですね。」となるわけです。しょーがないっちゃしょーがないんですけど、ボサノバ歌手とか、マリアッチの事もちょっと思い出してください。
これはクラシックギターです。だから弾き語り=フォークギターと決めつけないで、え〜〜と、早い話、初心者の方はクラシックギター買いましょう。「ネックが太いから弾きにくい。」とかよく書いてありますけど、逆です。ネックが太くて指板が広いから弾きやすくて挫折しにくいんですよ。はい。
IMG_20180612_095533.jpg
こんな感じのギターです。でも、ピックガードに憧れたなぁ。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月10日

おしらせ 弾々の会とクラシックギター体験会レポート。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。今日も辛ラーメンを食べます。
 さて、お母さんのためのギター合奏練習会・弾々の会も現在2名の方が来られてます。僕は午後からのギター体験会のために13時から待機。14時も過ぎたあたりで誰も来られないので帰ろうかなぁと思ったその時、1名来られました!「インターネットを見ました。HP見てます。」と。嬉しいなぁ。。先日も、とある男性からの問い合わせで「いっつも見てるで。ところであの子供たちは本当に弾いているのか?」とあせあせ(飛び散る汗)とにかくムジカを知っていただけて嬉しい限りでございます。
体験会の内容は、まったくギターが分からない方を対象にしておりますから、持ち方、構え、右手、左手の役割、実際に音を出しながら進めて参ります。最近LINEをはじめて、これ教室の予約にすごく便利だなと思いました。もしご希望の方がおられましたら、ムジカギター教室のLINE登録をお勧めいたします。でも来てもらわないと出来ないんですけど。。QRコードでしか出来ないので、、すいません。
IMG_20180610_152108.jpg
13時〜ジュニアの部(30分)¥500     14時〜大人の部(40分)¥1,000  予約は要りません。7月の日程はまたUPします。見てくれてるねんなぁ・・ありがたい事やなぁ。わーい(嬉しい顔)

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
続きを読む
posted by 樋口昌紀 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月09日

フレット交換を終えたギターを手渡す。君は正真正銘のハイブリッドフォーク野郎だ。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。散髪は自分でします。少年アシベ化してますが...
 さて、この仕事をしていて嬉しい事は、生徒さんがギターを好きになる事ですかね。一生の大事な趣味にしてくれたら嬉しいなと思います。本日、フレット交換を終えたギターを取りに来た彼は、以前僕がハイブリッドフォーク野郎と命名した男です。記事→http://musica09.sblo.jp/article/174102909.html
彼が初めてムジカに来た時の事を昨日の事のように思い出す。かわいい少年でした。
「この子はギターが好きなんだな。」そんなのはすぐにわかります。彼はフォークや古い音楽に興味があるようでした。僕はクラシックギターの基礎をやった後、自分の知っているすべてを教えてあげようと思いました。そんな気にさせるヤツです。3年ほど来てくれました。大事な事は伝えれた気はしていました。彼が高校に行ってから、ちょくちょくギターのメンテナンスには来てくれていましたが教室には通えなくなったので、ギターの腕前は分かりませんでした。でも今日の演奏を聴いて、間違いなくハイブリッドフォーク野郎の完成形に向かっていると確信しました。ムジカイズムは正統に継承されていたのです。彼のレパートリーは豊富で、すべて覚えていました。音がきれいで、リズムもいい。ルックスもいいから、人気出るかも。
君のスリーフィンガー忘れない。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2018年06月08日

むしめがね 高槻市にお住まいで、ギター教室選びで迷ってます?

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。「樋口はん、また営業でっか?」と思いました?すいません。でも実際に言われた事なんですよね。「ミドリ楽器と迷ったんですけど…」そうですよね、ここからも近いし、昔からやってるし、迷うかもしれません。42年もやってるんですよ。ずーっと高槻にお住いの方ならご存知かと思います。国道170号線沿いにありますよね。ネタばらししますと、あそこが僕の実家です。僕も21歳〜32歳くらいまで働いていました。当時はピアノ調律とギター教室の2足のわらじでした。今でも兄には「近いところで同じような͡事して、一緒にやったらええねん。」と言われるのですが、この絶妙な距離感がいいんだと思います。
IMG_8068.JPG
僕がいた頃から親父が1番力を入れていたのが、大正琴。母が師範で今年で29回目の発表会。現代劇場であります。夫婦のライフワークになってるんしょうね。自営業は最後の最後まで仕事するんだなぁと、またしたいんだなぁと背中を見てます。

「オレもそうか…」

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月07日

耳より情報〜!ギターを習う事で得られるマル得副産物。【やっぱりアナログは強い】

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。LINEは便利ですね。
 さて、ギターを習うとギターが弾けるようになるのは当たり前ですが、それに付随して得られるたくさんの副産物があるように思います。
IMG_20180607_102001.jpg
このように一つの練習曲に取り組む。まず楽譜が読めるようになるのは当然です。(クラシックギターに限りますけど)
楽譜を読むには集中力が入ります。すぐに出来るわけないので根気が育ちます。それから想像力、どこの国でいつ頃作られた曲なんだろう。その時の世界はどんなだっただろう。感受性、どんな風に弾けばいい感じになるのかな?ドラマチックに弾いてみよう。いろんな風景を思い浮かべて弾いてみよう、今まで自分が経験した場面のいろんな感情を音に乗せてみよう。
ギターを弾く行為は、たくさんの恵みをくれます。どれもが人間が元から持っているもので、お金で「はい、これ頂戴。」と言っても手に入りません。
 先日、ディア・ハンターのメインテーマの記事を書きました。http://musica09.sblo.jp/article/183404496.html
この映画はベトナム戦争を描いています。それから気になり出しました。「なんで、アメリカはベトナムに兵を送ったのか?」で、あの本。
IMG_7934.JPG
これで調べます。なぜアメリカはベトナムに介入したのか?その時の大統領は?兵を何名送ったのか?何名亡くなったのか?何年続いたのか?どう終結したのか?そのあとベトナムはどうなったのか?全部書いていました。僕にも理解できました。
ギターに取り組むことで、勉強する土台、集中力、根気、想像力がUPするのです。それも自然に。好奇心によって。
IMG_20180607_115027.jpg
この映画も観たくなります。


にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月06日

☆彡フレットの交換。Epiphone エピフォン Inspired by 1964 Texan編。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。「先生ってAB型ですよね!絶対。」どういう意味なんだろぅ。ちゃうけど。
 さて、ギターのリペアの中でも大仕事となるのがフレットの交換です。すり減ったフレットでビビりが発生。すり合わせも限界。じゃあ、交換しかないのですが、高額なリペアです。その楽器をいかに愛しているかが判断材料になります。今回のエピフォン、ギターと同じ額ぐらいになるフレット交換。それだけこのギターはオーナーに愛されているのですね。たとえ元値が安い(それほど高価でない)ギターであっても、思い入れがあればそれが価値となります。楽器ってそういう要素が大きいと思います。
IMG_20180605_155405.jpg
フレット交換後に思うのは、音の立ち上がりが劇的に変わる事。ギターが鳴ります。鳴らしやすくなります。
IMG_20180605_155357.jpg
今回はナットも牛骨に新調されていますから、元のプラスチックからの変化はこれまた劇的でして、オープンコードがすごくリッチになりました。アコギでは非常に重要な項目かと思います。
IMG_20180605_155518.jpg
一気にグレードアップした感があります。これからこのギターを弾き込んで行くと...非常に楽しみであります。
IMG_8067.JPG
フレット交換には最低でもこれくらいの専用工具が入ります。すり合わせなどはさらに工具が増えます。豊富な知識と経験がなければ、お客様の満足は得られないと思います。(写真の工具は僕が自分のギターをいじる時に集めたものです。今は使っていません。餅は餅屋でございます。)
「試奏にハーモニカは要らんやろ。」と突っ込まれそうですが、雰囲気作りに。代表曰く「クラクションみたい。」フレットやネック周りは非常にデリケートですから、気になる部分だと思います。もし、何かございましたらお気軽にご相談ください。


にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア