2017年02月02日

まーちゃん便り・僕がブログを休んだ理由

ども。ムジカギター教室の樋口昌紀です。たくさんの読者の方、生徒の皆様、保護者の皆様。いつもありがとうございます。2009年10月4日に誕生したムジカギター教室。ここ1,2年で知名度も大きく上がり、たくさんの生徒さんが通われる教室になりました。私も宣伝活動、営業活動、思いつく限り、出来る限り実行してまいりました。それが実って教室が盛り上がれば盛り上がるほど、気になっていたのは、実はミドリ楽器や両親の事でした。独立するときに、いやそれまでも十分なコミュニケーションが取れていなかった親子でした。
時が進むにつれ、足りてない何かを感じ、それがどんどん大きくなってきました。「どうしたらいいんだろう。。」精神的に追い詰められていました。不安でした。自分を責めていました。とても楽しいブログを書ける状態ではなかったんです。
そんなとき、きっかけを作ってくれたのは妻亜沙子でした。「じっくり時間をとって、思う存分話をしたほうがいい。」と言ってくれました。(もちろん複雑な思いもあったでしょうに、苦労かけます。)久しぶりに実家に一人で帰ったり、母と2人で出かけたり、子供時代の話や、今までの話をしたり、お互いがどんな想いでいたのかを知ることが出来ました。「こういう事がしたかったんだ。」という想いとただありがとうの気持ちでジワっと泣けました。少しづつ素の自分、まだ何も偽る必要がなかった自分が帰ってきています。
この記事を書いた後、公開しようかどうか非常に迷いましたが、今までこのブログを読んでいただいた方、生徒さん、保護者の方、コメントをくれた方にはやっぱりお伝えしておこうと思いました。
ムジカギター教室が第2章に入った気がする2017年2月3日節分でございます。
高槻ムジカギター教室http://musica09.sakura.ne.jp/
タグ:お知らせ
posted by 樋口昌紀 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2017年01月31日

リペア便り・フェンダー・ムスタングベースのナット交換

ども。ムジカギター教室、樋口昌紀です。
弾いているとナットから弦が落ちるという事で、お持ち込みいただきました。弦が外されていましたので、確認がとれない状態ではありましたが、新しくナットを作り直し、そして裏通しのショートスケールに最適の弦もご案内させていただきました。
IMG_6538.JPG
ミディアムスケール用の弦がいいようです。
IMG_6539.JPG
これでまた快適に演奏できると思います。
高槻ムジカギター教室http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2017年01月24日

ムジカ便り・毎日ブログは少しお休みします。

ども。ムジカギター教室の樋口です。今までお読みいただき誠にありがとうございました。ここでいったん毎日ブログはお休みします。また再開したいと思っておりますので、今までの記事でお楽しみいただけたらと思います。それでは!また。
posted by 樋口昌紀 at 20:12| Comment(7) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2017年01月22日

ムジカ便り・お知らせが2つ。

ムジカって何?
IMG_6531.JPG
こういう事です。
それから、樋口の昼ご飯は基本弁当です。
170122_115352.jpg
以上現場よりお送りいたしました。
高槻ムジカギター教室http://musica09.sakura.ne.jp/
Facebookページhttps://www.facebook.com/guitar.musica/
posted by 樋口昌紀 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2017年01月21日

教室便り・「弾けた」という基準は?ジュニアギターにて。

ども。ムジカギター教室の樋口です。よろしくお願いします。
ジュニアギター小学生が憧れているのはやっぱり、ジャカジャカすることなんですよね。だからメロディーだけの課題って「もう飽きた。弾けてるし。」となってしまいやすい。教室ではメトロノームやドラムマシン、ギター伴奏を入れて、その中で弾けているのかをチェックしています。はじめは多分「かっこうなんかダサいし、トロくて嫌だ。もっとカッコいいのもを」と思うと思うんですが、リズムとギター伴奏の中で自分が弾くメロディーが響くと、自然に体でリズムをとって、その中でギターで歌おうとしているのが分かる。何回やっても最後まで弾けない。「簡単だから、もう飽きた。」と言っていたものが、何十回弾いても弾けないんです。「じゃあ、あきらめるか?」って言ったら「合格するまでやる。」ってなってました。こういう時にやっぱり教室って必要だなぁって思うんですよね。最後はそのメトロノームの音で憧れのストロークをしてあげました。リズムの中で弾く楽しさに気づいてくれたらいいです。
高槻ムジカギター教室http://musica09.sakura.ne.jp/
Facebookページhttps://www.facebook.com/guitar.musica/
posted by 樋口昌紀 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2017年01月20日

ムジカ便り・ギターアンサンブル練習日決定しました。

ども。ムジカギター教室の樋口です。
去年第7回ムジカメイツコンサートでも演奏しましたギターアンサンブル。いかがだってでしょうか。
今年もいよいよ全体練習をはじめてみたいと思います。アンサンブルは上達への片道切符。曲目はラ・クンパルシータ、乾杯の2曲です。まだ合わせるところまでいってない、見れてないところもあるという事を前提で合同練習といった形で行いたいと思います。その場で、雰囲気や自分のパートをご確認ください。
日時は2月19日日曜日AM10時〜12時、大冠コミュニティーセンター和室大。

またあの季節がやってきた。合奏っていいね。ジーン
高槻ムジカギター教室http://musica09.sakura.ne.jp/
Facebookページhttps://www.facebook.com/guitar.musica/
posted by 樋口昌紀 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

ムジカ便り・昨日の加筆

昨日のブログ1コマ抜けていました。大変失礼しました。帰り道、思い返しながら「あっ!」って。レッスンの合間にチョコチョコ継ぎ足して書いていますもので、、
タグ:お知らせ
posted by 樋口昌紀 at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2017年01月19日

ムジカ便り・もうこんなのを弾くのか・・小学5年生。

ども〜っ高槻ムジカギター教室の樋口です。2017年も毎日更新しています。月曜日は休刊。おかげさまでたくさんの生徒さんが通うギター教室になりました。子供たちには嫌々行く習い事にならないように、ギターが特技になるように。大人の方には自分の理想のギター演奏や雰囲気を達成させるように願います。
今日もいろんな方が来られました。
1コマ目、大人男性、演歌ギターです。柿の木坂の家、なみだ船。やっぱりガットギターが合いますね。ビブラートや装飾音で雰囲気を出しましょう。12フレット以降も出て来て、ギターはこの辺がいい音がします。
2コマ目、大人男性、ギターアンサンブルで乾杯の練習。ソロギターはちょっとお休み。でもこのパート練習はものすごく効果あると思います。i,mの交互ピッキング、スケールの滑らかさ、ギターを歌わせるテクニック。ぎっしり詰まっていますよ。
3コマ目、大人女性、ギターアンサンブルで乾杯の練習。一通り弾けたので合わせてみました。スラー、ピッチカート、一難去ってまた一難。。ギターって難しいですね。。
4コマ目、大人女性、アコースティックギターで弾き語りの伴奏。ミドリ楽器時代から来てくれている方で、昨年はソロギターにも挑戦しましたね。22日土曜日に南風楽天(JR駅近くの飲食店)で演奏するそうです。高槻では有名なミュージシャンがいっぱい参加される予定でもう満員なんですって。
5コマ目、小学生女子、バッハのメヌエットのメロディー。「知ってるぅ」って嬉しそうでした。1弦から6弦まで全部使うんです。♯が出てきたり、ギターを歌わせるにはもってこいの課題ですね。
6コマ目、小学生男子、この子は5歳からムジカに来てくれています。3年生あたりから一気に加速してきた感じです。
170119_193652.jpg
夏までにこれを弾きたい。(全部で4ページあります。)弾き込んで10月発表。速く弾くのが大好きな彼にはもってこいです。これが今日のブログタイトルです。
7コマ目、高校生男子、エレキ、この人も小学6年生から来てくれています。ものすご〜く上手くなって、僕も毎回課題を出すんですが、まずは自分が弾けないといけないから、今日はスイープにタッピングまで。。そろそろ僕じゃ限界かも。。
8コマ目、スーパージュニア今年から小学生女子、「今日からはレッスン中、お母さんはいらない。」と言っていとこのお姉ちゃんが見守る中、課題を全部弾きました。かっこう、ジングルベル、キラキラ星、ドナドナ、アルペジオちょっと。お姉ちゃんの指導が効果的でした。
9コマ目、中学生男子、小学1年生くらいから来てくれています。ソロギターでティアーズインヘブン。でもあんまり進まない。何か他に興味があるのかもしれない。そう思って今日はコードストロークに切り替えました。「弾きたい曲を持ってきていいよ。」ちょっと嬉しそうでした。
高槻ムジカギター教室http://musica09.sakura.ne.jp/
Facebookページhttps://www.facebook.com/guitar.musica/
posted by 樋口昌紀 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2017年01月18日

教室便り・エレキギターを習う・経験者編

ども〜〜!ムジカギター教室の樋口昌紀、ヒグチマサノリです。うお座A型、若干腰をいわすと同時に咳が出るという2重苦の中、教室をし、ブログを書いております。秘密兵器の登場が待たれます。
 さて、「ギターいうものは独学でやるものだ。」これはどこから来たのでしょうか。そりゃもちろんフォークギターから来てます。
IMG_6530.JPG
こういう図の通りジャラ〜ンとやればもう出来てしまうんです。それしか出来ないんですけど、それしかいらない人にはそれで十分なのですから「ギターなんて独学さ!」となるわけです。
それではエレキギターはどうなんだろう。僕はエレキギター=ロック=好きに弾くぜ!この図式が著しく上達を阻んでいる気がしてならない。
IMG_6529.JPG
こういう教則本をいっぱい持っている人もたくさんおられると思います。でも全部やった人って多分100人に一人、、もいないと思います。それはエレキギター=好きに弾いていい。がどっかにあるから、選んじゃうんです。「この練習は俺にはいらない。」とか、あとは完成さるときの基準がもうあってないようなものなんです。「俺のテンポでいくから。」とか。本心はメンドクサイのは嫌ってだけなんです。めんどくさいですよ〜1拍を4つに割って16分、その最後の音だけアップピッキングとか。んで、よく解んないから「次!」ってページめくっても次だってわかりゃしないから、「もういいや。出来る事だけしとこう。」って本だけ増えたって話。あ、僕20年間ギター教室してますけど、1度だけ一人だけ「僕には何も教えることがないから、他に行ったほうがいいよ。」って言った人がいました。高校3年生くらいの人だったと思います。エレキギターの人で
サンプルフレーズが100か200入った本を1冊持っていて、なんとそれを1つも飛ばさずやっていたんです。しかもクリックに合わせて。その本には模範音源もなく、ユーチューブなんかもない時代でした。「家でアンプ鳴らすと怒られるんで、、」ってエレキを生で弾いてたんですけど、その音と鍛え上げられたスキルに驚きました。なんというかカール・ゴッチのようなストイックさだったんです。また、書いてるうちに話がまとまらなくなったような。。本当に今日もご訪問いただき誠にありがとうございました。今日は帰ります。
IMG_6449.JPG
これはムジカにエレキを習いに来られた方に、まずはやってもらう課題です。右手、左手、今のスキルがどんな状態なのか、何が苦手なのか大体分かります。
高槻ムジカギター教室http://musica09.sakura.ne.jp/
Facebookページhttps://www.facebook.com/guitar.musica/
posted by 樋口昌紀 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2017年01月17日

リペア便り・アコースティックギターにピックアップを取り付けよう!

ども!ムジカギターの樋口です。ムジカギターはギター教室はもちろん、ギターの修理・メンテナンス・カスタムなんでもお任せください。専門のリペアマンにより最高、最良の状態に仕上げます。私も結構ギターは詳しいほうですが、全然違う方法で修理するのを見たりすると、やっぱりプロに任せるのが、これ大人の得策だと思うんです。
 さて、今回も何かと自分でやってしまおうとか思いがちな案件。アコギにピックアップを付けるです。まーやめたほうがいいですよ。ジャック穴が斜めにあくのは目に見えています。
IMG_6527.JPG
ここですね。
IMG_6525.JPG
アクティブタイプでノイズが少なく、しっかり出力します。

このような感じでリバーブもかけられますし、アンプによってサウンドも変わります。取り付け工賃は¥6,500です。お気軽にご相談ください。
高槻ムジカギターhttp://musica09.sakura.ne.jp/
Facebookページhttps://www.facebook.com/guitar.musica/
posted by 樋口昌紀 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア