2014年02月12日

松原ギター工房探訪しました。

昨年の夏にムジカから作業台がなくなった。以降、枚方の松原工房にお願いしています。それまでも大がかりなものはお願いしていました。自分で「こうかな、こうやって治すのかな」って思っていても全く違うアプローチで修理していたり「やっぱすごいなぁ〜。」って思う事が多いです。で、今日はちょっと工房にお邪魔してきました。撮影許可も出ましたので少しだけ。
IMG_2683.JPG
もちろんギターも製作されています。
posted by 樋口昌紀 at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2013年01月22日

大量のギターリペアが終わりました。

あ〜〜しんどかった。ピックアップコイルが断線してたり、、フレットすり合わせ多数。ヘッド割れなど様々な困難に見舞われましたが、1本残らず生還させました。教室や自身の練習の合間にコツコツやってました。^_^; ☆ピカピカストラト¥5800!かっこいいビザールもあるでぇ。
130122_1624~01.jpg
全てが1本限りの大特価!入魂のムジカ調整(^O^)/
posted by 樋口昌紀 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2013年01月08日

どんなギターでもリアペいたします!

また増殖し始めた。。当分コヤツらの再生に忙しくなりそう。
130108_1810~01.jpg
posted by 樋口昌紀 at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2012年11月16日

アクリルボディの透明ギター、リペアしました。

エレキギターネタが続く・・最近はあまり見なくなったアクリルギター。ピックアップはアクティブタイプになっています。タイトなトーンは独特です。そういえばカワイがアクリルのグランドピアノを作ってました。それをYOSHIKIさんが弾く。で、小泉首相が「う〜〜ん、いいんじゃない」みたいな。アクリルというのはものすごく重たい。このギターもずっしりきます。ということはあのピアノはハンパなく重たいぞ。うん、楽器屋の息子、ピアノ移動の仕事をオヤジとよくやった。アップライトでもほんまに重い。あんなアクリルピアノ持ったらオレの腰は間違いなく再起不能になるだろう。作るのも、弾くのも、運ぶのも、みんな職人なんやなぁ。すごいわ。ほんま。
121116_1530~01.jpg
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2012年08月04日

ポジションマークもお任せください。

120804_1805~01.jpg
河野ギターにポジションマークを入れた。白蝶貝です。キラキラしています。(^O^)
楽器が演奏家を導くという事は絶対にあると思います。「あ、いい音だな」と思ったら初心者でも何でも関係ないです、可能ならその楽器を手に入れましょう。きっとアナタを導いてくれます。ボクはこの河野にふさわしい演奏をと練習しています。ギターが行き先を教えてくれます。

☆あ、この場を借りて、フェンダーUSAプレベの調整終わってます。連絡先なかったです、、(__)☆
posted by 樋口昌紀 at 18:26| Comment(3) | TrackBack(0) | ギターリペア

2012年01月13日

父のアイバニーズギターのリペア・メンテナンス

ボクのオヤジなのでそれなりの年齢だが、毎日エレキを弾いているらしい。
「弦高が高くて、音が悪い」とウチに持ってきました。アイバニーズです。「おお、戦闘的なとんがりスタイル、タッピングとかするのか。。」そういえばこの前、ペンタトニックを高速で弾いていた。ザック・ワイルド。メンテナンスも終わりサスティーンも伸びた。これでまたテケテケ出来るぜ(^^)vずっと弾き続けてほしいものだ。
papaguitar.jpg
posted by 樋口昌紀 at 17:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ギターリペア

2011年08月05日

クラシックギターの修理・販売

angel.jpg
先日のシブいガット、指板修正→フレット打ち→すり合わせを終えた。
弦を張ってナット、サドルを微調整、音を出してみる。
「おお、、、おお!」
弾きやすいし音もふくよかで良く鳴る。多分70年代後半の楽器だと思います。
傷も少なく、深みがって658ミリスケールの豊かな低音が心地よい。
杉とローズでこの弦長、テッパンっす。やっぱ、この時代の国産はいいなぁ。。
持っていたいけど、ギターはいっぱいあるし。

クラシックを楽しむ人にもらわれるといいな。
古典、ロマン派、スペイン、南米モノなんでも合う。超おすすめっす。
価格は¥19.000!!ハードケース付き!
ブリッジにわずかにすきまがありますがまず問題ないでしょう。
posted by 樋口昌紀 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2011年08月02日

ムジカはリペアも出来るギター教室です。

ギターはギターを呼ぶ。。間違いない。
気がつくとギターが増えている。。コワイ。
今日は4本のアコギをメンテナンスしました。汗だくっす。
ムジカで販売します。ヤマハのアコギ他いろいろ、ミニギター¥2500〜格安!!
shop.jpg

↓コイツは古い国産クラシック、反りがあるのでフレット抜いて削り中。
単板で味がある。こういうの好きなんだなぁ、サウンドホールからナッツい香り。
田舎のひなびた民宿の押し入れの奥にある座布団のにほい。。。
neck f.jpg
旅に出たくなる。
posted by 樋口昌紀 at 18:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ギターリペア

2011年05月05日

Fシリ!フェンダーJストラト入荷!

 さて、ムジカ中古市。今回はエレキです。STです。フェンダーです。フジゲン製です!
ほぼデッドストックの超美品!!Fシリアルおそらく86年くらいでしょうか。
22フレットローズ指板。そそります、うう。
アームソフトケース付属。とにかく状態が良いです。
フローティングユニットがこんなにスムーズなんてはじめて知りました。
001.JPG
気になるお値段は・・・¥28000!ひゅ〜
ムジカ工房にて完全調整済み
posted by 樋口昌紀 at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2011年04月22日

アリアドレッドノートD−50(75年製)を販売します。

2本目は1975年製アリアドレッドノートby松岡良治
目の詰まった良質なスプルース単板、バックは3ピースでローズ板目を使用。ハカランダと間違えました。すいませんm(__)m
ネックはしっかりしたソフトな三角グリップ。反りなし!
ペグはUSAオリジナルグローバー!
老舗クラシックルシアー松岡のギターはこんなにすごいのか。。。
とにかく音がめちゃくちゃいいです!
深く太い低音から輪郭のある中高音までほんまに気持ちのいい鳴りです!
36年前の定価¥50000の日本製のすごさを感じます。
塗装の変色ありますので格安で行きます!!
004.JPG
1975年製、アリアD50¥20000HC付き!sold
(ムジカ工房にて完全調整)
posted by 樋口昌紀 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

中古ギターが入荷しています!

ムジカ特選中古ギターがなかなか好評。
先日のマルハは「ずっと探しとってん!」という方に。
めっちゃ気に入っていただけたようでこちらも嬉しい限りでございます。
さて、今回も2本ご用意しました!
まずは寺田楽器のクラシック!ラミレスヘッドがかっこいい〜。
トップは杉のラミネート、サイドバックはローズウッド。
ネックまっすぐ!本気のメイドインジャパン。合板が悪いんじゃなくて音の好みの問題なんです。
合板は割れませんし、環境の変化にも強い。メリットもあるんです。
あえて合板にする高級ギターもあるのです。
003.JPG
寺田クラシック・・・¥10000!(ムジカ工房にて完全調整)
posted by 樋口昌紀 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2011年04月15日

マルハのピックギターが来た〜!

003.JPG  002.JPG
ギターをはじめたい方がリサイクルショップなどで程度の悪い楽器を買ってしまう。
よくある事です。安物買いの銭失いってやつです。
ていうかリサイクルショップはメンテもしないで高すぎます。
「何故、まずここに来んかったんやぁ。。うちの知名度不足か。ガクっ」
ムジカではわたくしがこれはと思ったギターだけ時おり販売します。
あくまでギタースクールとリペアのお店なので。
さて、今回はヘッドウェイのDタイプとマルハピックギターです。
どちらもムジカ工房にてわたくしが責任と誇りを持って作業しました。
フレットすり合わせ、弦高、オクターブ調整はもちろん
ボディ・パーツはすべてクリーニングしています。弦はマーティンに張り替えています。
気になる価格は・・・

ヘッドウェイDタイプ¥10000sold
マホガニーで軽めのサウンド、コンディションは最高です。Sケース付き。
マルハピックギター¥28000sold
極太ネックは反り知らず。テスコのピックアップからスコーンと鳴ります。Sケース付き。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2010年09月03日

ESPのテレキャスターをリペアしました。

昔からギターの調整を頼んでくれる方がいまして、ESPのテレキャスターなのですが、これがいいギターなんです。いっつも「ええなぁ」と言ってしまうのです。重量、ネックグリップ、ルックス全てがええのです。
その方は本格的にミュージシャンをやっておられまして明日、大阪ミューズでワンマンライブとおっしゃっていました。http://synchronized-door.com/かっこいいHPもあります。目がキラキラしたイケメンです。勝手に宣伝してます。
ネック反り調整、オクターブも合わせて明日のライブに準備OKといったところでしょうか。ガンガンに鳴らしてください!
わたくしもがんばります。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2010年02月03日

フジゲンギターのナットを作る。

fujigen2.JPG
ナットとは・・・ま、ギターの弦を受けてる白い部品ですな。
これにもいろんな材質がありまして、プラスティック、牛の骨、象牙、黒檀、ブラスなどさまざまであります。
でこれを交換する修理というのが結構多いのです。
牛骨をゴリゴリ、シャカシャカしながら削り出していきます。
接地面、側面のフィット感が大事です。
溝の切り方で音も変わりますので非常にシビアな作業です。
外観のフォルムも大事ですし。。
今日はこのフジゲンにつきっきりでした。
ナット一つでも非常に奥の深い世界なのであります。
弦がビビる、詰まる、プラスティックからのグレードアップなど何でもご相談ください。ピカピカナットはテンションあがりますよ!
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2010年01月14日

ギブソンES335のリペア。

fujigen.JPG
今日はレッスンとES335の修理をしておりました。
またまた、ナットの作成、すり合わせ、割れた部分の埋め木など、地味にやってます。
で、VOXですよ。やっぱアンプは大きいのがいい。
なんとギルドモデルでもお世話になったはやっさ〜んさんが「良かったら使こて、貸すし」と持ってきてくれました!
しかもフジゲンのSTモデルまで。。これ気になってたんですよ。
さすがフジゲン、日本人にやさしい作りですね。
最高の機材がありますよ〜これでエレキギター教室がグレードアップすること間違いなし!感謝、感謝です。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/

VOXかっこいいなぁ。欲しいなぁ。
posted by 樋口昌紀 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2010年01月09日

アコースティックギターの修理・調整

guitar.JPG

B−DXというバンドで精力的に活動されている林さんのギターをあずかっておりました。
遠目には完全にギルドギターですが国産スズキです。
ナット、サドル交換、ブレイシングの浮き、すり合わせなどを終え、無事にお返しできました。店内で気持ちよさげに弾かれる様子を見てホッとしました。
お客様それぞれに愛着のあるギターだから、毎回緊張もしますが、喜んでいただけたときは本当にうれしいものです。

ギターは調整でかなり生き返るので、お気軽にご相談ください。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/


posted by 樋口昌紀 at 12:18| Comment(3) | TrackBack(0) | ギターリペア