2015年12月15日

リペア便り・ヒストリーLPC着せ替え編

こんにちは!ムジカギター教室の樋口です。間違いなくヒグチです。いつもありがとうございます。
 さて、またまたリペア便りでございます。12月はリペアが多いのでしょうか。。年末はテンション上がるし、楽器もメンテするとテンションあがりますよね〜!
 今日は着せ替えです。エレキギターはいろんなパーツがあるので、色を変えたりデザインを変えたり、憧れのギターリストのモデル風にしたり、いろんな楽しみ方があるんです。アコギやクラギはドレスアップパーツが限られているので、ナットのスキャロップなど、非常にマニアックなところに行ってしまうのです。(好きですけど)弾くだけでは飽き足らず、道具をカスタムして行く。これもギター道なのでございます。
IMG_5029.JPG
ヒストリーのレスポールカスタムモデルです。各パーツをクロームに着せ替えます。ポン付け出来ない個所もありますから、やっぱりリペアの範疇になります。エボニー指板、ええなぁ。
IMG_5028.JPG
さぁどんな感じになって帰ってくるのでしょうか。魅惑の変身はまた後日!
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年12月12日

リペア便り・特別なギター達。W−40編

ここ最近、リペア便りが多いですよね。そうなんです。10月くらいからリペア依頼が増えております。ご愛用されている楽器を修理、メンテナンスしてまたこれからより一層の愛情を持って奏でていく。めっちゃ分かります。新しいのを買えばいいのかもしれない。でも思い入れがあるんです。若き日に一生懸命バイトして買ったギター、大事な人からいただいたギター。もう買えないんです。買うとかじゃないんです。
これもそんな1本でございます。
151208_161751.jpg
モーリスW−40
151208_161801.jpg
70年代の逸品
151208_161729.jpg
こだわりの3ピースバック、ハカランダ!
151208_161736.jpg
ギター好きはこの木目に憧れるように出来ている。
これからフレット交換、ナット、サドル、ブリッジ調整、総点検に入ります。また帰ってくる日まで。しばしのお別れ。
どんなに高いレアギターもお金があれば買えます。でもこういうギターは1番幸せです。リペアに出す持ち主の方も素敵です。
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年12月10日

リペア便り・瀕死のマーティンギター。

こんにちは。さて、今日もリペア便りでございます。今日はアコースティックギター界のキング、マーティンです。ギター弾きなら誰もが一度はマーティンに憧れる。あ、ティンね、ここはこだわってティンで行きます。
運び込まれたマーティンは重傷、諦めて捨てる人もいるんじゃないかと思うほどの状態でした。
IMG_4854.JPG
正面はまだ普通ですが。。。
IMG_4855.JPG
裏板ははがれ、ガムテープがえらい事になっています。もちろん全く意味なく、ただただベトベトでございます。。。
IMG_4857.JPG
それでも弾こうとしたのでしょう。サドルは削られています。もちろん、とても弾ける弦高ではありません。
これは大手ショップは断るかもしれない。「新しいの買いましょうよ!」って。
早速、松原氏に相談しました。「ん〜〜なかなかキツいけど行けますよ。」と、さすがの回答。で、3週間ほどで、、、
IMG_4990.JPG
この状態!素晴らしい!
IMG_4989.JPG
ヒールブロックの接着面が狭かったらしく、内部構造を改良し、ビス止めの後、同じマホガニー材で埋めてありました。
IMG_4991.JPG
弦高は適正値に戻り、サドルに高さも出ました。スーパーリペアです。コスト面も考えたうえで、このギターに最もふさわしい方法でリペアされていると思います。(再塗装はしていません。)
さらに驚いたのはサウンドです。これマーティンの中では低価格帯のギターなんですが、ふくよかにしっかり胴鳴りしております。これにはさすがマーティン、腐っても鯛。このリペアで剛性が増し、さらに良くなっている気もします。これは嬉しいぞ!絶対に喜ぶぞ。(^O^)/
高槻市ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年12月09日

リペア便り・ストラトレバースイッチ、ジャック交換

うお〜〜!樋口です。ヒグチです。ムジカギター教室の樋口昌紀です。ムジカは30日21時まで教室が入っています。。ギリギリまで弾く気ですね。
 さて、今日はリペア便りです。フェンダーストラトキャススター(モデル名です)のリペアでございます。
アメスタブリッジ、22ジャンボフレット、ペグもアメスタ仕様、なのに電気系はもろジャパン。ちょっと謎なヤツ、それでいて気になる逸品でございます。症状はジャック、スイッチ周りの不良です。こういった場合はスカッとパーツ交換しましょう。
151203_125529.jpg
大事にされているのが分かります。
151209_145611.jpg
今回のリペア¥6,400でございます。(トラスロッド調整、フローティング調整込み)
そういえば、ストラトで思いだしたんですがムジカに通う中学3年生の生徒がこんな事言ってたんですよね。
「なんで入門ギターはストラトばっかりなんだろう、ミディアムスケールのレスポール系のほうが絶対いいですよね」って。今の子は詳しいなぁ。。もっともだな。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年12月05日

リペア便り・フェンダームスタングのセットアップ

毎度、毎度、また樋口です。高槻市のムジカギター教室からお送りします。
今日はフェンダームスタング、アームなし、2ハムギターのセットアップです。セットアップとは・・・
そのギターの最も良いパフォーマンスを引き出す作業でございます。プロが行うセットアップは一味違いますよ。ボクは10年以上楽器屋にいましたが、それでも知らない事ばかりです。やっぱり餅は餅屋という事でございます。
151204_141216.jpg
ネック調整、ピックアップ調整、オクターブチューニング調整、弦高調整、弦の張り替え、その他チェック。
これだけでもギターはシャキッとします。アナタのギターもそろそろシャキ〜〜ンとしませんか?
セットアップ基本料金¥5,000です。状態によって変更がある場合は事前にお伝えいたしますので、OKか否かをおっしゃって下さい。どうぞよろしくお願いします。
高槻市ギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年11月28日

リペア便り・オベーションのノブ。

はい。こんにちは。高槻ムジカギターの樋口です!ムジカギターはギター教室とギターリペアの専門ショップです。ギター教室はクラシックギターをしっかり学んだ樋口が、クラシックギターはもちろん、弾き語りからエレキ、アドリブ、音楽理論に至るまで、面白おかしく、時に熱く指導しています。
 リペアに関しましてはギタークラフト・リペアのエキスパート、松原氏を迎え、いかなる事例も解決していきます。
 ムジカで大事にしているのは、「まったく分からない方の立場、気持ちになる。」って事です。クラシックギターとアコギって何が違うんですか?とかギターにドとかあるんですか?くらいの質問は当たり前だと思っています。楽器が弾けるって特に偉い事じゃないじゃないですか、長くやったから道具に慣れてるだけで。
ほんとに誰でも出来るんですよ。誰でもやっていいんですよ。何歳からでもいいんですよ。
 さて、そんなこんなで今日は長年の眠りから覚めたオベーションのギターです。電気系は電池の液漏れから大変な事に。。。全部ダメでした。
ボリュームつまみは特殊なもので、欠品していたため松原氏が製作しました。どんな状態でも直す!
151128_134215.jpg
今日のレッスンでこのギターをお返し出来ました。喜んでいただけたようです。
151128_134222.jpg
いい音してました。
高槻市ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/ 

posted by 樋口昌紀 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年11月22日

リペア便り・ビンテージ楽器もリペアします!

はい、おはようございます!日曜日、今日も朝から教室があります。昼からはミドリ楽器ウクレレチームの発表会です。午後1時〜大冠第2コミュニティーです。ウクレレに興味のある方はどうぞお気軽に。
 さて、今日はリペア便りでございます。本日は71年製フェンダージャズベースでございます。さすがに風格があります。オーラを放つ佇まい。ただ古いだけじゃなくて当時の音楽シーンと一体となって、その価値は上がります。古い=高い ではないんですね。それだったら、信濃ギターとか、千曲川とかも高くなってしまいます。フェンダーやギブソンは当時も高かったんです。
151108_150500.jpg
歴史を感じる1本でございます。
151108_150527.jpg
今回はネック調整、ピックアップ修理、オクターブ、ナットの調整でした。
ビンテージ楽器のメンテナンスもお受けいたしますのでどうぞお気軽に。
高槻市ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/

posted by 樋口昌紀 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年11月20日

古いギターも直します!グレコのレスポール。

遅くなりました。「ヒグチまだ更新せんのか」とお待ちいただき申し訳ございません。実は午前中は外での仕事で、午後からは18時までレッスンがなかったので、ある1本のギターをいじいじしていました。「先日レスポールが欲しいな」と言っていたら、「ほなやるわ。」と梶原の車屋さんSさんが持って来てくれました!
151120_122735.jpg
フロントピックアップやスイッチなどが部品取りされています。かなり古いグレコです。でもまた縁あってウチに来たギター、なんとか使えるようにしたい。
完品にするには部品などで費用がかかるし、、とりあえず、このまま1ピックアップギターにしよう。それなら追加パーツはいらないのだ。
こんなヒグチも少しは電気もいけます。本見てるだけですけど。。お客様のギターをいじる事は出来ませんが自分のものならば、積極的になれます。いじる事3時間。。(全体に磨いたりもしたので)
151120_164351.jpg
出来た!スイッチなし!1ボリューム、1トーン。
151120_164425.jpg
裏のフタ2つともないです。。
151120_164446.jpg
いつかは松原氏にお願いして全部完成させたいと思います。皆様もリペアのご相談ありましたらお気軽にお問い合わせください。古いギター、部品のないギター、ご遠慮なく!
高槻市ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 17:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年11月19日

リペア便り・ギブソンレスポールPU交換

ムジカギター教室はギターリペアも受け付けております。専門家松原氏が行うリペアは一味違います。
僕自身、楽器屋時代は簡単なリペア業務をしていましたが、プロのリペアは全然違うんですね。技術はもちろん、「こんな時こうする。」っていう発想と選択肢、経験が圧倒的に違います。「お客さまにとって一番いい事はなんだろう。」そう考えると自分がリペアするのは良くないと思ってやめました。
 PU(ピックアップ)交換、エレキではかなり多いご依頼です。これも自分で出来るとか思うじゃないですか。でもハムバッカーは4芯。。説明書は英語、音が鳴ったとしてもそれが本来の音なのか・・迷わずプロに頼みましょう!
 で、今回はギブソンレスポールスタンダードのPU交換です。
IMG_4898.JPG
豪華な箱です。ピックアップが1個入っています。
IMG_4900.JPG
このギターのリアピックアップを交換しました。
IMG_4901.JPG
こんな感じです。工賃は¥3,500税込でございます。
で、このギター良かった。チェックで少し音出ししましたが、絶妙な重さ、ネックの握りがいいです。むっちゃくちゃ弾きやすい。音も最高です。「最近のギブソンはダメだ。」って聞きますけど、確かに木部は昔のほうがいいのかなと思いますが、全体のバランスはさすがギブソン。かなりレスポールが欲しくなったのでした。ダーティーフィンガーPUの印象。かなりパワフルです。全然弾けないのにハードロック風に弾いてみたり、いつもよりビブラートがネチっこくなりました。
高槻市ムジカギターhttp://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(1) | ギターリペア

2015年11月15日

オベイションはオベイションを呼ぶ?

はい。こんにちは。日曜日も教室はあります。アンサンブルメンバーも順調に増えています。楽しみっす。
さて、ギターをやらない人もこの形のギターは見た事があるんじゃないでしょうか。
IMG_4892.JPG
これはオベイションっていう会社のギターです。いろんなモデルがありますが、USA製はかなり高額です。
そんなギターが偶然にも3本、時を同じくしてリペアに来ました。なので記念撮影。なんといってもこのルックスが魅力ですよね。今回はメンテナンス、弦高調整でお預かりしました。楽器のリペアって何も知らないと相談しにくいって思いませんか?「そんな事も知らないのか」などと言われそうで、後回しになってませんか? 少なくともムジカは全く分からない人を前提に考えてますから、あらかじめ専門用語を調べたりしなくていいです。「ん〜〜〜、何かおかしい。ムジカ持って行こ。」で大丈夫。ヒグチなんかたいしたことない!サクサクっと!
IMG_4863.JPG
おかげさまでリペア増えてまっせ!
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年11月12日

リペア便り・エレキのネック反りと弦高調整

ども!樋口です。みなさん、なにかと忙しくなって来てるんじゃないでしょうか。ウチ?ま、フツーです。。
 さて、ギターといえば反り、反りといえば弦高、ギターを持つとすぐに反りを見てしまう方。分かります。
3歳の子供が片目をつぶって反りを見るマネをしたときは、ビックリしました。ボクもまず反りからです。基本、反っていたらそれ以上その楽器に執着することはないです。楽器選びの最重要ポイントになっています。
エレキギターの弦高を極限まで下げたい場合、まずはネックの反りを調整します。サドル調整とかは弦を張ってからです。
IMG_4868.JPG
今回のアリア、すごい順反りです。特にハイポジはビビりまくってます。罰ゲームのような状態です。
リペアの場合、基本は松原氏にお任せしておりますが、ミドリ楽器時代のノウハウで出来る事はヒグチがやる事もあります。
IMG_4871.JPG
まずはネックをはずします。
IMG_4873.JPG
せっかくなのでフレットもきれいにします。わずかに逆反りにしておきます。
IMG_4874.JPG
元通りに組みながら、ブリッジの高さなどを調整します。
IMG_4878.JPG
12フレットでこの高さ。ベタベタですがビビりません。スイッチの接触も治しておきました。
今回このリペア、ロッド調整、ブリッジ調整、フレット磨き、ボディ磨き、電気系接点強化で¥4 ,000税込でございます。
高槻市ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年10月29日

リペアの終わったギターのお渡し。

先日、フレット交換をご依頼いただいたギターを無事にお渡しすることが出来ました。デリケートな部分なのでOKが出るか気になります。サッとピックを取り出すお客様、70年代ハードロックギターの名フレーズが次から次へと繰り出されます。ボク自身はそのあたりが全然下手くそなんですけど、地元のロック集会にはそのあたりをバリバリに弾く方がたくさんいます。昔の人は(といっても10個くらい上なだけですけど)、上手いなっていうか気迫があるなと思います。俺はヤツより速く弾くぜみたいな。今の人って「なぜ1位じゃなきゃならないんですか?2位じゃダメなんですか?」って感じがする。どっちがいいのか分からないですけど、HR、HM世代の50歳前後の方はギターやロックに一家言ある方が多く、こちらも緊張します。
151027_184335.jpg
ご満足いただけたようでした。見事なHRギター、リッチー全開でした。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年10月24日

リペア便り・サイレントギター

土曜日も元気に教室しております。「今回はみなさん、レベルが高かった。」先日の第6回MMCについての感想が寄せられています。来年はさらにパワーアップしたいと思います。みなさん、楽しみましょね〜、今回出演されなかった方もどんどん参加してください。
 さて、今日もリペア便りサイレントギターです。
151024_134645.jpg
なんかギターじゃないみたい。。電池で音が鳴らなくなったとのことでした。早速、松原氏に依頼しました。
151024_134717.jpg
無事に復活して帰ってきました。電気系も何でもお気軽にご相談下さい。
そういえば昔、ヤマハのサイレントギター・ナイロン弦のタイプを持っていました。「これで夜間も練習できるぜ!」って思ったら意外と生音が響く。夜中ってシ〜〜ンとしてますから、、結局手放してしまいました。タッチを鍛えるにはいいのかもしれない。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年10月23日

リペア便り・フレット交換

はい、こんにちは。ムジカギターの樋口です。
今日はフレット交換について。ギター修理の中でもハードルが高いのがフレット交換だと思います。
金額も安くはないですし、交換時期を迷うことが多いのではないでしょうか。
リペアもいろんな工程があって、気が抜けません。弾き心地や出音にダイレクトに影響しますので、ユーザーもシビアにチェックされる部分だと思います。今回はメイプル指板なのでさらにハードルが高いです。
まず、持ち込まれた時の状態がこちら。
IMG_4618.JPG
ギターは70年代のフェルナンデス、バーニーカスタムSTモデルです。
IMG_4624.JPG
フレットがかなり低く平べったい。正直弾きにくいと思います。

で、交換、塗装、調整された状態がこちら。
IMG_4797.JPG
大きく、高いフレットで発音が楽になりました。音もコシのあるいい音になりましたよ。
IMG_4800.JPG
サイドエッジもノーストレス。
IMG_4804.JPG
かなり思い入れのあるギターとのことでした。これでまたバリバリ活躍される事と思います。
今回のリペア、メイプル指板のため塗装が必要ですので¥40,700税込です。(弦、ロッドナット代込み)でした。ローズウッド指板ですと¥30,000です。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年10月13日

リペア便り・ムスタング

え〜〜と、ざっくりと、ムスタングっていうのはエレキギターのモデル名です。
このムジカブログをお読みになって、メンテナンスを依頼していただきました!!ムジカを選んでいただいたわけでございます。ありがとうございます。
151013_131800.jpg
まずはフレットをきれいにしていきます。フレットがきれいだとチョーキングもスムーズです。
151013_141301.jpg
で、弦を張っていくのですが今回は松原氏にご登場願います。たかが弦交換、されど弦交換、深いうんちくにボクは「なるほど」とメモを取り、うなずいているのです。
151013_152023.jpg
完成しました!やっぱりフレットも弦もピカピカがいい!
今回の作業は¥3.000でございます。(弦が持ち込みであった事、ネック、電気系をいじらなかったため)
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年10月04日

ギターあるある・家から出てくるギター達

はい、こんにちは。ミドリ楽器の息子がやってるムジカギター教室の樋口です!よろしくお願いします。
「家からギターが出てきて、、誰が使ってたか分からんけど。せっかくやし私(ボク)がやろうかと思って」
そんな風な理由で訪ねて来られる方も多いです。なんでギターって家から出て来るんでしょうか・・
あと「近所で拾ったんやけど、使えるか??」とか。なぜ落ちているんでしょう。ギターって。。。
そういえばボクも昔、フレッシャーのLPカスタムタイプを拾ったなぁ〜カラチェのピックギターも拾たし。という事はやっぱり落ちてるんや。
 先日も家からギターが出てきたと相談を受けました。これを機に習ってみたいと70代のおじさん。
「分かりました。とりあえず持って来てください。多分、多分ですよ、エライ事になってそうなんで。」
その日のうちに裸でやってきたギター、毛筆体で木曽と書かれたギター。想像を裏切らないヤツでした。
本体は1971年製、弦は真っ黒でネックは見事に反りきってます。ペグもつまみが取れて、なおかつ回りません。
ボク「これはキツイっす。」
持ち主「ほうか。どないしたらええん?」
ボク「まず、弦とペグは交換しないと演奏出来ません。」
持ち主「ほな、しゃーないな。お願いするわ。」
そんな感じでお預かりしました。
今回のペグと弦の交換はヒグチでも出来るケース。
問題はネックです。普通にやれば10、000円くらいかかってしまいます。
家から出てきたホコリだらけのボロボロギターに10、000円+弦とペグ交換の費用もかかります。
あくまで「家から出てきたからやってみようと思った」のであってお金をかけたり、新しいものをオススメするのも、なんか違うと思ったので、ヒグチがやる事にしました。
151002_172140.jpg
ペグの交換、シックにスムーズになりました。
151002_113127.jpg
ネックヒーターで反りを戻します。(ヒグチクオリティ作業は今回のような特殊事例だけです。)もしダメでも「しゃーないな、諦めるわ」って感じの場合だけ。
151004_125535.jpg
弦はオーガスティンリーガル黒。
151004_124003.jpg
これで憧れの古賀メロディーが弾けると思います。修理代金は全部で¥6,000頂戴いたしました。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年10月03日

リペア便り・フロイドローズの弦交換

まず、フロイド・ローズって何やねん、誰やねんって話ですけど進めます。
弦交換の失敗、テンション下がりますよね。。その中でも多いのがフロイドローズ式トレモロがどうしようもなくなって、持ってくるケースです。「こんなことで持っていていいのだろうか?」「バカにされるんじゃないだろうか・・」大丈夫です!!ウチの親父は未だに原理が分かってません。(多分興味ないと思う)
151002_180218.jpg
こんなタイプのヤツです。弦を全部はずしてしまうとやりにくいので、1本づつやったらいいと思います。
151002_180243.jpg
フロイドローズは弦交換がめんどくさいって思われがちですが、慣れればスグ終わります。
ファインチューナー(微調整)もとっても便利。
お近くでギターの事に悩んでいたら、小さな事でも是非、お気軽にお問い合わせください。きっとスグに解決します。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年09月19日

リペア便り・配線

はい!こんにちは。今日も最高の天気、皆様は今日から長い連休に突入するのでしょうか。
ムジカギターは日、祝、ゴールデンウイーク、お盆、すべてご予約可能です。月曜日と年始3日はお休みします。
 さて、今日はリペア便りでございます。ギターリペアには配線、電気の知識も必要でございます。
IMG_4707.JPG
今回、持ち込まれたのはアイバニーズのアクティブベース。こう見えてもワタクシ、ヒグチはちょっとはリペア業してたんです。「見せなさい。」パカっ「・・・」
IMG_4708.JPG
多分、出来ない事はないと思う。でもパーツの手配や、今自分が思っている方法で出来なかった場合にかかる時間、労力、あとは仕上がりにおけるお客様満足度、お渡しした後の再発率、など考えるとヒグチがやるべき仕事ではない。ホントのところ、お代をいただく仕事でヒグチに出来るのはせいぜい掃除と弦交換くらいのものだ。だからプロがいる。毎日ギターを製作し、リペアをするプロがいる。プロはいっちょかみの素人が思いもよらないところまで考えて作業している。ナメていない。だからクレームはまずありません。
ムジカではリペアに松原氏を迎え、リーズナブルかつパフォーマンスに優れたリペアで、皆様に大変喜ばれております。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年09月02日

リペア便り・ブリッジが浮いた!

はいっ!こんにちは。ムジカギター教室の樋口です。最近地元でどんどん露出が増えてる樋口です。
今日もリペア便りです。アコースティックギターで多いのがネックの反り、それとブリッジの浮きです。
どちらも弦の張力に負けた状態です。ま、張力があるから仕方ないし、ある意味、自然の現象ですかね。
IMG_4583.JPG
浮いたら音は悪くなるのか。。正直このぐらいの浮きではあんまり分からないかも。でもほっとくとブリッジもトップ板も変形していきます。早めにきれいに貼り治すほうがいいと思います。実はボクも最近貼り替えました。↓これです!
IMG_4580.JPG
ブリッジの変形が大きく弦穴も雑かったので、新しく作る事に。今回はなんと40年以上寝かしたハカランダを使いました。って全部、松原先生にお願いしているんですけど。。
ビターっとくっついたブリッジ、きれいな弦穴、シンプルなメイプルの飾り、最高の気分。また大事にしようって思いました。
 さて、気になるお値段は・・・完全にブリッジが剥がれたものをくっつける場合¥15,000です。
剥がれかけのものをくっつけるのは¥20,000です。
今回のように新しくブリッジを作り治すのは、材質や形状によって異なるのでご相談ください。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年09月01日

リペア便り・ギターが割れた!

こんにちは!ムジカギター教室代表、樋口です。今日も元気に営業しております。
今日はアコースティックギターの木部割れのリペアです。結構多いのがストラップがはずれてガ〜ン!バキ!みたいな。ショックですよね。まして高いギターで買って間もなくとか、、
で、いろいろ見積もりをネットで調べると思うのですが、具体的な金額ってあんまり出てないですよね。
前回の記事でも大手楽器屋は、リペアショップの4倍くらいの見積もり平気で出していると書きました。
だとすると、トップ割れ修理・・・コワい。電話するのもコワい。ううってなってたら、この記事参考にしてください。
IMG_4361.JPG
こんな状態、分かりにくですが木部(単板)も完全に割れています。
DIYではどうしようもないレベルです。「治りますか・・?」って、大丈夫です!ボクは出来ないけど、松原先生がいます!
IMG_4537.JPG
約2ヶ月後、どうですか。
IMG_4535.JPG
お客様は「え〜と、どこが割れてたんでしたっけ」とおっしゃってました。
で、このリペアで代金は税込¥20.000ご請求させていただきました。すごく喜んでいただきました!
ギターのリペアでお悩みなら、分かりやすくてリーズナブル&フレンドリー、ムジカへお気軽にお問い合わせください!
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア