2015年10月04日

ギターあるある・家から出てくるギター達

はい、こんにちは。ミドリ楽器の息子がやってるムジカギター教室の樋口です!よろしくお願いします。
「家からギターが出てきて、、誰が使ってたか分からんけど。せっかくやし私(ボク)がやろうかと思って」
そんな風な理由で訪ねて来られる方も多いです。なんでギターって家から出て来るんでしょうか・・
あと「近所で拾ったんやけど、使えるか??」とか。なぜ落ちているんでしょう。ギターって。。。
そういえばボクも昔、フレッシャーのLPカスタムタイプを拾ったなぁ〜カラチェのピックギターも拾たし。という事はやっぱり落ちてるんや。
 先日も家からギターが出てきたと相談を受けました。これを機に習ってみたいと70代のおじさん。
「分かりました。とりあえず持って来てください。多分、多分ですよ、エライ事になってそうなんで。」
その日のうちに裸でやってきたギター、毛筆体で木曽と書かれたギター。想像を裏切らないヤツでした。
本体は1971年製、弦は真っ黒でネックは見事に反りきってます。ペグもつまみが取れて、なおかつ回りません。
ボク「これはキツイっす。」
持ち主「ほうか。どないしたらええん?」
ボク「まず、弦とペグは交換しないと演奏出来ません。」
持ち主「ほな、しゃーないな。お願いするわ。」
そんな感じでお預かりしました。
今回のペグと弦の交換はヒグチでも出来るケース。
問題はネックです。普通にやれば10、000円くらいかかってしまいます。
家から出てきたホコリだらけのボロボロギターに10、000円+弦とペグ交換の費用もかかります。
あくまで「家から出てきたからやってみようと思った」のであってお金をかけたり、新しいものをオススメするのも、なんか違うと思ったので、ヒグチがやる事にしました。
151002_172140.jpg
ペグの交換、シックにスムーズになりました。
151002_113127.jpg
ネックヒーターで反りを戻します。(ヒグチクオリティ作業は今回のような特殊事例だけです。)もしダメでも「しゃーないな、諦めるわ」って感じの場合だけ。
151004_125535.jpg
弦はオーガスティンリーガル黒。
151004_124003.jpg
これで憧れの古賀メロディーが弾けると思います。修理代金は全部で¥6,000頂戴いたしました。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年10月03日

リペア便り・フロイドローズの弦交換

まず、フロイド・ローズって何やねん、誰やねんって話ですけど進めます。
弦交換の失敗、テンション下がりますよね。。その中でも多いのがフロイドローズ式トレモロがどうしようもなくなって、持ってくるケースです。「こんなことで持っていていいのだろうか?」「バカにされるんじゃないだろうか・・」大丈夫です!!ウチの親父は未だに原理が分かってません。(多分興味ないと思う)
151002_180218.jpg
こんなタイプのヤツです。弦を全部はずしてしまうとやりにくいので、1本づつやったらいいと思います。
151002_180243.jpg
フロイドローズは弦交換がめんどくさいって思われがちですが、慣れればスグ終わります。
ファインチューナー(微調整)もとっても便利。
お近くでギターの事に悩んでいたら、小さな事でも是非、お気軽にお問い合わせください。きっとスグに解決します。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年09月19日

リペア便り・配線

はい!こんにちは。今日も最高の天気、皆様は今日から長い連休に突入するのでしょうか。
ムジカギターは日、祝、ゴールデンウイーク、お盆、すべてご予約可能です。月曜日と年始3日はお休みします。
 さて、今日はリペア便りでございます。ギターリペアには配線、電気の知識も必要でございます。
IMG_4707.JPG
今回、持ち込まれたのはアイバニーズのアクティブベース。こう見えてもワタクシ、ヒグチはちょっとはリペア業してたんです。「見せなさい。」パカっ「・・・」
IMG_4708.JPG
多分、出来ない事はないと思う。でもパーツの手配や、今自分が思っている方法で出来なかった場合にかかる時間、労力、あとは仕上がりにおけるお客様満足度、お渡しした後の再発率、など考えるとヒグチがやるべき仕事ではない。ホントのところ、お代をいただく仕事でヒグチに出来るのはせいぜい掃除と弦交換くらいのものだ。だからプロがいる。毎日ギターを製作し、リペアをするプロがいる。プロはいっちょかみの素人が思いもよらないところまで考えて作業している。ナメていない。だからクレームはまずありません。
ムジカではリペアに松原氏を迎え、リーズナブルかつパフォーマンスに優れたリペアで、皆様に大変喜ばれております。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年09月02日

リペア便り・ブリッジが浮いた!

はいっ!こんにちは。ムジカギター教室の樋口です。最近地元でどんどん露出が増えてる樋口です。
今日もリペア便りです。アコースティックギターで多いのがネックの反り、それとブリッジの浮きです。
どちらも弦の張力に負けた状態です。ま、張力があるから仕方ないし、ある意味、自然の現象ですかね。
IMG_4583.JPG
浮いたら音は悪くなるのか。。正直このぐらいの浮きではあんまり分からないかも。でもほっとくとブリッジもトップ板も変形していきます。早めにきれいに貼り治すほうがいいと思います。実はボクも最近貼り替えました。↓これです!
IMG_4580.JPG
ブリッジの変形が大きく弦穴も雑かったので、新しく作る事に。今回はなんと40年以上寝かしたハカランダを使いました。って全部、松原先生にお願いしているんですけど。。
ビターっとくっついたブリッジ、きれいな弦穴、シンプルなメイプルの飾り、最高の気分。また大事にしようって思いました。
 さて、気になるお値段は・・・完全にブリッジが剥がれたものをくっつける場合¥15,000です。
剥がれかけのものをくっつけるのは¥20,000です。
今回のように新しくブリッジを作り治すのは、材質や形状によって異なるのでご相談ください。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年09月01日

リペア便り・ギターが割れた!

こんにちは!ムジカギター教室代表、樋口です。今日も元気に営業しております。
今日はアコースティックギターの木部割れのリペアです。結構多いのがストラップがはずれてガ〜ン!バキ!みたいな。ショックですよね。まして高いギターで買って間もなくとか、、
で、いろいろ見積もりをネットで調べると思うのですが、具体的な金額ってあんまり出てないですよね。
前回の記事でも大手楽器屋は、リペアショップの4倍くらいの見積もり平気で出していると書きました。
だとすると、トップ割れ修理・・・コワい。電話するのもコワい。ううってなってたら、この記事参考にしてください。
IMG_4361.JPG
こんな状態、分かりにくですが木部(単板)も完全に割れています。
DIYではどうしようもないレベルです。「治りますか・・?」って、大丈夫です!ボクは出来ないけど、松原先生がいます!
IMG_4537.JPG
約2ヶ月後、どうですか。
IMG_4535.JPG
お客様は「え〜と、どこが割れてたんでしたっけ」とおっしゃってました。
で、このリペアで代金は税込¥20.000ご請求させていただきました。すごく喜んでいただきました!
ギターのリペアでお悩みなら、分かりやすくてリーズナブル&フレンドリー、ムジカへお気軽にお問い合わせください!
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年08月21日

リペア便り・こんな方多いんじゃないでしょうか?

こんばんは!今日はちょっと遅くなりました。すいません。
さて、今日のリペア便りは40代、50代くらいの大人の男性にお送りしたいなぁと思います。
あ、ギターの中で1番人気のあるのは圧倒的にエレキって知ってます??大きな楽器屋さんに行けばスグに分かりますが、エレキの多い事、多い事、ボクの好きなクラシックギターなんて置いてない店さえあります。
 で今回のギターフェンダージャパンJVシリアルST57−65!マニアの方なら「お〜〜いいギターやなぁ」となるでしょ。USAピックアップ搭載、今でも中古市場では超人気機種です。
IMG_4496.JPG
買ってからあんまり弾かずに、「いつかは、いつかは」と思っていたら20年経ったそうです。
確かにホコリやサビ、接点不良はあります。長い眠りについていた感じです。。
IMG_4503.JPG
今回もUSAジャックにしました。かっこいい〜!
IMG_4498.JPG
フレットも磨きあげていきます。気持ちィ〜〜!
IMG_4506.JPG
間違いなくUSAピックアップ!!
IMG_4509.JPG
こんなとこもイジイジしてと。。
IMG_4511.JPG
ここもクルクルして、
IMG_4514.JPG
出来た〜〜!ピカピカです。ジャック交換、弦交換、フレット磨き、ボディクリーニング、弦高調整で¥5,000!!軽いね、このギター!このギターのオーナーさんに「ギター教室ってどんな感じなんですか?」って聞かれたんですよね。
「エレキって習うものなんですか?イメージ湧かなくて・・」って。これすごくよく分かる。
「エレキって習うものなの??」これ核心をついた質問なんですよ。40代、50代の方って「エレキなんて独学に決まってるやん。」で育ってますよね。大体、決まり決まった事やらされるのが嫌やからエレキ行ったのに。時代は流れ、今はエレキギター教室は結構フツー?になってきた感はあります。
 そんな昭和の男たちに言いたい。(エラソーにすんません)エレキギターを習うという発想を捨てよう!というより「エレキって習うもんなん?」ていう感覚は合ってるんですよ。
たとえば、空手教室と空手道場、どっちがテンションあがりますか?昭和男は絶対、道場でしょ!
「今日はちょっと道場に行ってくる。」かっこええやん!「今日、エレキ教室やねん!」岡八朗の卓球の通信教育ちゃうねんから。
ムジカギター道場、40代、50代、昭和男たちには是非、道場感覚でムジカを利用していただきたく存じます。リペアの終わったギター、たった五つの音でギターを弾いてみました。

「道場でひぐっさんとギター弾いてくる。」そんな感覚でいたらワクワクしてきません??
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年08月12日

リペア便り・ちょっとやりすぎじゃない??

こんにちは。ムジカギターの樋口です。いつもありがとうございます。
今日は本当にあったギターリペア(修理)のこんな話。
レッスンの時ギターを2本持ってきた生徒がいた。「どしたん?」って聞くと、
自分のエレキギターがアンプにつないでも音が出ないので、楽器屋(大手チェーンS)さんに持って行ったそうです。で、「いくらくらいかかりますか?」って聞いたら¥12,000くらいと言われたそうです。彼はあまりの高額さにあきらめて帰ったそうです。そのエレキと、壊れていないエレキ2本持って教室に来たのです。ある程度エレキギターに詳しい方なら分かると思いますが、この見積もり普通じゃないですよね。
ギターの事、良く分からない方に分かりやすくお伝えするなら、吉野家で「牛丼!」って注文したら「へい!¥1,200です!」って言われた。「ドリンクバーひとつ!」って言ったら「¥1,200でございます。」っていう感じです。普通のリペアショップなら高くても¥3,000までの仕事です。
 ボクも子供じゃないんで、その店では修理は受付だけ、外注になるのも分かります。点検費、往復の輸送代(多分まとめて取りに来てるからほぼタダだと思うけど)もかかるでしょう。バイトに給料も出さないといけません。普通にリペアショップに持ち込むよりも割高になるのは分かります。
 
 ホテルでオレンジジュース頼むと¥1、000くらいします。でもホテルのあのゴージャスな雰囲気で飲める。ジュース自体も質のいいものだと思います。店員は身だしなみがきれいだし、丁寧だし。「ま、しょーがないか。」って思います。だから高いのはいいですし、価格はお店が決める事です。
 でも今回の件、修理に出した彼に何かいい事あります??梅田までの交通費、時間、労力(これは彼の勝手ですけど)、ふかふかのソファー席に通されてじっくりと丁寧なスタッフにもてなされたのでしょうか?お茶くらい出たのでしょうか?
これ、もし修理に出しても納期はかなりかかると思います。(一斉に出すでしょうから)いい事なんて何一つない。お店の経費を乗せられているだけです。
 ここまでひどいんなら「ウチは修理してないんでこちらどうぞ!」って近くのリペアショップの電話番号貼っておいたほうがいいんじゃないか。せめて、お客さんに1番有益な方法を案内してあげてほしい。
IMG_4443.JPG
あまりにひどいからウチでやりました。予想通り、ジャックの断線でした。夕方預かって次の日に返せます。他もチェックして¥2,500いただきます。
IMG_4444.JPG
「ウチに持って来い!」とは言いません。お近くなら、一回聞いてみてほしいって。それだけ。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年08月06日

リペア便り・ギターやベースにストラップピンを付ける。

こんにちは。いつもありがとうございます。樋口です。
ギターやベースを立って弾くにはストラップが必要です。
ところが、それを付けるところがない場合があります。そんな時は後からピンを付けます。
IMG_4393.JPG
(撮影許可いただいております。)今回はここに付けます。
IMG_4402.JPG
ストラップピンを付けるって簡単と思われるかもしれません。
でも、ボクは絶対自分でしたくない作業です。今回も松原氏にお願いしております。
IMG_4407.JPG
このようになりました。楽器に穴をあけるってやっぱりプロにお願いしたいですよね。
今回はピン持ち込みでしたので工賃¥1,000です。
もし、お自身での取り付けが不安だなぁとお考えでしたらお気軽にお声掛けください。
次回のリペア便りはクラシックギター、ハカランダブリッジ作成&交換!をお送りします。
それではまた!
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
タグ:リペア
posted by 樋口昌紀 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年07月28日

エレキギターで1番多い故障。

「音が出ない、ブーブーいう」これが一番多い症状ですよね。原因はほぼ間違いなくジャックの断線です。
IMG_4390.JPG
シールド挿すところのこんな部品です。ここが断線、もしくはパーツ自体の劣化が原因です。そして、ここで登場するのがなぜかこれ。
150728_1201~01.jpg
(これはボクにとってチャンスにコールされる阪神時代の新井さんのような存在なのです。和田はんも好っきゃな〜)
 お家にあるからかな、、それともシュッシューとやると感じが出るからかな。。
これやっちゃダメです。自転車のチェーンじゃないんだから、、新井さんは多分ゲッツーです。そして問題は何も解決しません。これやると中はドロドロ、樹脂はもろくなるし、余計にホコリも付くし、ボディが異様に滑る。素直に新しいものに交換しましょ!
IMG_4392.JPG
出来た!きもち〜〜!かっこいい〜!
電球っていつか切れますよね。電池ってなくなりますよね。ジャックも同じく消耗品なんです。
ハンダがあればご自身でも出来ます。「分からん、持ってない、めんどくさい、」そんな時は持って来てください!¥3,000です。(パーツ代こみ)(^O^)/ 
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年07月27日

ベーシストのための、今日からできるネック反り対策

こんにちは。ムジカギターの樋口です。さて今日はよくあるネック反りについて。
ギターやベースのネックは木です。木なんです。そりゃ反ったり、ねじれたりするでしょ。え?あかん?たまにすご〜〜〜く神経質な感じになってしまっている方もおられるようで、気持ちもよ〜〜く分かるのですが、「ま、木やしな」って心のどこかで思っていると楽になると思います。
 で今回は特によく反るベースのネックです。ベース弦は太いし張力強いのにネックの細い事、長い事。。
IMG_4386.JPG
フェンダージャズベース、気持ちいいくらい反ってます。ネグレクトですね。(買い取りで楽器屋さんから流れてきました。)
IMG_4387.JPG
ネックをはずします。この時にジョイントの塗装割る確率高し。ここにロッド付けるならタイトなジョイントにする意味が分からない。しょっちゅう触るところでしょうに。
IMG_4389.JPG
なんとか調整範囲でした。ベースで怖いのはロッドでどうしようもないくらい反ってしまう事です。そこまで反ってしまうケースが多いです。ギターはそこまで言いませんけど、ベースは長期弾かない場合は弦を緩めたほうがいいです。ていうか緩めてください。もし売る時も査定に響きますし、誰かに譲るときも次のプレイヤーが快適に演奏できます。いいことばかりです。
 各種ネック調整は¥2,000です! 早めに調整してね! お問い合わせは072−628−1824 受付樋口    高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年07月12日

ほったらかしのギターも蘇ります!

ムジカギター教室ではギターのリペアも行っております。塗装や接着がからむ大きな修理から、弦交換といった日常的なものまで何でも対応いたします。専任リペアには松原氏を迎え、皆様には大変ご満足いただいております。自分、樋口の楽器も全部お任せしています。

 ギターをはじめるにあたり、初期費用はなるべくおさえたいものです。持っているギター、あきらめる前にリペア、メンテナンスしてみませんか。ボロボロだと思っていても手を入れれば十分使える場合も多いです。
IMG_4370.JPG
今回、お預かりしたエレキギター、フレットはサビサビ、弦もヤバいです。でも・・・

IMG_4373.JPG
キラキラ〜☆ 弦もGHSに張りかえました!

IMG_4371.JPG
ついでに中も掃除します。まだまだ十分ロック出来るギターになりました。モノって大事にするから価値が出るんですよね。今回のメンテナンス(ネック調整、オクターブ調整)クリーニング作業全部こみで¥5,600税込!
あなたのギターもまだまだ大丈夫!メンテナンスすれば愛着もわきます。興味がありましたら、是非お気軽にお問い合わせください。072−628−1824  受付 樋口

高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年07月09日

ステレオジャックの交換リペア便り

こんにちは。いつもありがとうございます。
本日は真面目にリペア記事。楽器好きなら知ってますよね。アトリエZのベースです。
とってもクオリティの高いベースです。ネック裏のサラサラ感がハンパなくサラサラなのです。W浅野。
IMG_4348.JPG
依頼はジャックのガリ。ガリってスプレーするより交換したほうがいいです。電池や電球と一緒で寿命があります。サクッと交換!料金はステレオジャック交換、バッテリー交換で¥3.300税込でございます。
IMG_4349.JPG
リペアのご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。
072−628−1824 受付 樋口昌紀
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/ 「楽器屋の敷居って高いですか?」
ウチは地下2階くらいでございます。マニアックな質問も大丈夫ですけど、初心者やまだ詳しくない方に専門用語は使いません。
posted by 樋口昌紀 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年02月06日

修理が終わって無事に納品

今日はフェンダーオールローズTEとカスタムショップSTの2本、フレット交換などを終えたギター達をお返し出来ました。2本ともローランドブルースキューブで鳴らす。「もう開放で、ええ音やなぁ・・・」
 エレキのええ音ってどんなん。全部一緒に聞えるって??
ボク的には木の音がして柔らかい音がする。「これは楽器だな。」と思うのがエレキのいい音です。なんていうかチャラくない音です。そういう楽器はやっぱりそれなりに値段が高いです。
IMG_3735.JPG
ギターだけ撮ろうと思ったら「別にええで。」って言われたので、「ほな。」っちゅうてパシャ。
南森町でミッチーズバーを経営されてます。https://ja-jp.facebook.com/mitchysbar
長いお付き合いでございます。音楽をたくさん教えてくれたミッチーさんです。
大人のエレキ、やってみたくなったらムジカに来てね。http://musica09.sakura.ne.jp/

IMG_3736.JPG
そしてまたリペアを預かる。するともうギターの山。
posted by 樋口昌紀 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年02月05日

クラシックギターのペグ交換

ギターの修理はほとんどお任せなのですが、弦交換など軽いものはムジカでやってしまう場合があります。
ペグの交換、簡単そうに思いますが、シャフト径の違い(スペイン製は細い!)、ネジ穴の埋め木、下穴あけ、「ポンっ」とは付きません。簡単な仕事なんかないなぁって思う。だからそれぞれにプロがいるんですね。
IMG_3731.JPG

ギターの修理はムジカまで!  http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年01月27日

クラシックギターのサドルを削る

サドルとはギターの下駒の部分。大体は牛骨、象牙、安いのはプラスチックで出来ています。前回続くとか言っといて、そのままになってた記事。そのギターはサドルがガタガタでしたので、作りなおしました。
IMG_3690.JPG
松原さんに頼もうかと思いましたが、たまたまストックがあったので削りました。あ〜〜難しい。
IMG_3692.JPG
どちらも河野ギターです。
左が今回、縁あって私のところに来たヤツです。詳細は・・・続く!

高槻ムジカギター教室  http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2014年11月21日

リペアもお気軽にご相談ください。

にしても寒いっすね・・・結露を防ぐために少し窓を開けている。朝の寒い事。。
メイツコンサートも終え、ちょっとゆっくりしてたら。ここのところリペアの依頼が多いです。
141114_1543~01.jpg
(写真許可得てます)
マーティンとかフェンダーとか高級器が多数持ち込まれています。手入れしながら長く大事にするっていいですよね。是非、お気軽にご相談ください。それでは!
posted by 樋口昌紀 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2014年09月06日

ギターリペアは専門家の松原氏が担当します。

2009年にムジカをはじめたときには、教室とギターリペアを自分一人でやってました。10年以上楽器屋として働いたし、修理の勉強もするにはしたけど、ホンマのプロかっていうとちょっと自信なかったんです。。手は抜いてないし、一生懸命しました。でもお客さんにとって一番いいのは。ほんちゃんのプロが仕上げる事ではないか。その他いろんな理由で昨年8月からリペアを松原さんにお任せしています。
140906_1350~01.jpg
(写真許可得ています。)
本日はグレコLPのピックアップ交換(フロント、リア)、スイッチ、ジャック、弦、交換、ヘッドのタッチアップ(サービス)が完了したギターをお客様にお渡しできました。いつもこちらが気がつかないところまで、きっちり仕上げてくれます。ギターの事でお困りならお気軽にご相談ください。きっといい答えが返ってきますよ。

ボクは教室のプロでがんばります。(^^)
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2014年06月03日

ギブソンフライングV・ペグ交換リペア

いろいろありますよね。アリナミン、コンバトラー、サインは・・海に浮かぶ丸いヤツ。ブイ、V、ギターでいえばギブソンフライングVでしょうか。エレキギターでしか成しえないであろうボディシェイプ。
140601_1727~01.jpg
ギブソンフライングV(写真許可得てます)
 
 ここからはまた自分の回想です。毎度すいません。エレキとの出会いは中2くらいか、友達やそのお兄ちゃんの部屋にあったエレキギター。アコースティックな自分にはエレキはどこか不良なヤンキーな香りがしました。自分にはない世界のものに見えました。お化粧をして髪を伸ばすであったり、エフェクターの話を延々したり、「今日、スタジオ。」という会話とか。自分にはないなぁ〜って。でも分からないのも悔しいから好きになろうとしたり、、でもやっぱり長続きしなかった。。ブルース系やカントリー系はお化粧したり、スタッズ付けたり、ピアスもしないし、変形ギターやフロイドローズも使用しないのでそっちに行きました。ま、こんなもん好き嫌いやからどうしようもないですね。マイクブルームフィールドやアルバート・リーはありやったんです。ジミも大丈夫です。(そういえばフライングVやエクスプローラーはブルースマンもジミも使ってましたね。)
140603_1400~01.jpg
そんなわけで、はじめに買ったのもテレで今もテレです。ボクにはメタルの血は1滴も流れてなかったんですね。。教室選びの何かの参考になさってください。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2014年05月30日

クラシックギターの弱点とは。

音量が小さくて地味、いちいち足台がいる。いやそんな事ではないのだ。音量についてはしかるべき楽器でしかるべき場所で弾けば、えもいわれぬ魅力的な音を出すのがクラシックギターだ。足台に代わるものもたくさんある。では弱点とは。それはネックが反ったらどうしようもないっちゅう事です。クラシックギターの弦の張力は比較的弱いとはいえ、やっぱりネックを反らす力を持っている。フォークギターやエレキなどは反ることを想定して、あらかじめ調整できる鉄の芯がネックに仕込まれているのに対し、クラシックギターは鳴りを優先させてかほぼロッドは入っていない。すごい高いギターを買っても反る。F.ソル。
では反ったらどうするか、サドルを削るしかない。でも反った状態でサドルを削るとハイポジが詰まる。結局、12フレットで5ミリくらいあるスパルタンなギターになるのである。

 先日、クラシックギターをもらった。ボクはもらったギターが大好きだ。案の定、反っている。今回はネックアイロン方式をとった。ネックに熱を加えて反りを戻す方法だ。この方法は怖い。熱を加えすぎると指板パッカーンいってまう。ボクにリペア引退の引導を渡した器具である。大人一人を情緒不安定にさせる力を持っている。。魔器め。
140529_1854~01.jpg
今回は上手くいきました。。人のはやりたくないですけど。清田氏、ありがとうございます。
posted by 樋口昌紀 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2014年05月27日

ヤマキYW−80のリペア

昨年の暮れに買ったヤマキのYW−80、音は文句なしだがやっぱりアクションがきついので松原工房さんに調整に出していました。先日帰ってきて、今日いつもの弦に張り替えました。いやぁこらたまらん、あんた(ヤマキ)はすごい。調整もすごい。感謝。
140527_1847~02.jpg
今日は自慢させてもらいます。
140527_1847~01.jpg
わざわざYW−80のミニュチュアを作ってくれたS氏、秀逸。

140527_1848~01.jpg
これもおいしかった。(^v^)
posted by 樋口昌紀 at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア