2016年07月09日

リペア便り・ピックアップ・パーツ持ち込みもOK!!

ども〜〜!!雨です。梅雨明けはすぐそこですね。暑くなるんやろなぁ〜、燃えるで。
さて、久しぶりのリペア便りですね。いろいろ持ち込まれていたのですが、写真を撮りそこねてまして、、
また今日からUPしていきたいと思います。
今回はギターとパーツを別々にお持ち込みいただきました。
IMG_5515.JPG
フジゲンのムスタングタイプですね。ネックがしっかりしていて品質の高さが分かります。
ええな〜、エレキ、、まだ買ってない。ほんでなぜか今、D−28が欲しくなってる。。モーレツに。
すんません、脱線しました。(-_-;)
IMG_5514.JPG
このようにピックアップがありません。
IMG_5516.JPG
このパーツを取り付けていきます。
「パーツの取り付けなんて自分で出来るわ〜」とか思ってません??僕も思てました。
でも、実際全然気づかないところでミスってたりします。今は自分では何もしません。拭くぐらいです。。
やっぱり、それでご飯食べてるっていうのはね、重みが全然違うんですよ。
あと安心感があるんですよね。「これで合ってる。」っていう。それが価値なんですよ。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年06月16日

リペア便り・アコギとベースが帰ってきました!

ども!!ムジカギター教室の樋口です。毎度です。
そうです、ムジカはギター修理も出来るんです!本日、アコギとベースが退院してきました。
いつでも実戦OKの状態で帰ってきました。
こちらが気が付かないところまで調整してくれています。
IMG_5412.JPG
さ、またYOUTUBE撮らなあきませんな。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年06月07日

リペア便り・40歳以上の大人の方へ、お家のギター大丈夫ですか?

ども!ムジカギター教室の樋口です。いつもありがとうございます。
新しい事をはじめるのは勇気がいります。でも、ワクワクする自分もいますよね。
学生時代に買ったギター、「ちょっとだけ弾いてやめたなぁ」って方はものすごく多いと思います。
今、大人になって子育てもひと段落した。そろそろ自分の時間の使い方も考えますよね。
 
 今度はちゃんと習ってみません?

無理のない順序で、無理のない量を、正しい方法で継続すれば、必ず自分の望む演奏が出来るようになります。
憧れのあの曲、今なら弾けるかもしれません。

ところで、あのほったらかしのギター、弦は緩めていますか?
緩めていないと。。。
IMG_5319.JPG
こんな事になります。(弦がめり込んで木部は割れています。)
もしくは、ネックが調整不可能なほど反ります。ご心配な方はお気軽にご連絡ください。
ピカピカに磨いて、新しい弦を張ってもう1度、弾いてみませんか?
お待ちしております。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/

posted by 樋口昌紀 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年05月24日

リペア便り・レスポールのネックが折れた!!

ども!ムジカギター教室の樋口です。
「なんであんなところに置いたんやろ〜!」「なんでスタンド使わんかったんや・・」
ギターのネックが折れた時、誰もが思うのではないでしょうか。レスポールのようなギターはうつぶせに寝かせるしか安心はありません。ハードケースごと倒れて、やっぱり折れたギターを知っています。
焦って、自分でボンド入れたりしたら状況は悪くなる一方でございます。
そういうときは「は、しゃーない。はい、折れた〜!」と明るく行きましょう。覆水盆に返らず。
まず、折れた部分には触らないようにしましょう。じ〜〜と見て「きれいに行きよったなぁ〜」と。
「なんで、あの時、、」そういうのは時間の無駄です。分かりますけど。。ね。
IMG_5278.JPG
希望を捨てたり、悲観的にならないようにしましょう。「絶対きれいに治る。」と信じましょう。
あとは、いろんなところに見積もりを依頼してみましょう。いきなりムジカでもいいです。
ネック折れは見積もりにかなり差があるようです。
ムジカでは通常¥35,000です。塗装や補強材、すべて込みのお値段です。
お電話は072−628−1824 樋口まで。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年05月22日

リペア便り・古いギターも大丈夫!!

ギターリペア、修理も出来るギター教室です。
ご安心ください。樋口がやってるわけではありません。ちゃんとリペアはリペアで松原氏にお願いしています。
自分の楽器もメンテナンスは全部お任せしています。
当たり前ですけど、やっぱりプロの仕事は違います。知らない事、いっぱいです。。
昔ちょっとリペアしてた自分が恥ずかしいです。。
さて、今回はテレキャスターのオーバーホール。
スイッチ、ポット、配線材の交換、ネック反り、オクターブ調整をしました。
IMG_5273.JPG
フェンダージャパンのギターです。重たいアッシュでどっしり鳴ります。
高槻の方でギターリペア、カスタムをお考えでしたら、是非、一度ご相談を!
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年05月05日

リペア便り・ギブソンLPのネックが折れたら。

ど〜〜〜〜も!ムジカギター教室の樋口です。
ムジカはギターリペアも出来るって事は、だいぶ認知されてきたかと思います。
ギターのリペアやメンテナンスはいろいろありますが、レスポールで多いのがネック折れです。
160505_204414.jpg

160505_204421.jpg
この角度がついたところで折れちゃいます。
 そういえば、以前にフェンダーのSTがスタンドごとガコーン!っと固いフロアに倒れた事があります。
さすがに逝ったかと思ったら、ほぼ無傷なんです。ディック・ザ・ブルーザーも真っ青。
おっと、関係ない話だ。
このレスポールのネック折れ。リペアの中ではかなり高額なんです。
実際に他のショップで、8万、10万とか言われてこちらに持ち込まれています。
ムジカはもっと安いんですけど、修理内容も文句なし、コストパフォーマンスは最高だと思います。
あと、ギターショップとか楽器屋さんって独特のオーラ放って、なんか緊張しません??
ムジカは大丈夫です。
そこまで含めて、コストパフォーマンス最高って思ってるわけです。
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年04月15日

リペア便り・チャランゴのブリッジ製作、交換。

ども。高槻でギターリペアをお考えでしたら一度、ご相談ください。
だってチャランゴのブリッジも作っちゃうんですから!
160415_202125.jpg
チャランゴは小さいなぁ〜〜
160415_202133.jpg
こんなブリッジも製作可能です。
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年03月31日

リペア便り・アリアのマグナ君が帰ってきました。

ども!ムジカギターの樋口です。
今日はもうタイトルからしてマニアック。わけわからんかも知れないので、早めにXクリックでもいいかもです。
先日、いただいたアリアのエレキギター、実は清掃してたらトレモロブロックにヒビを発見しました。
どうしよう。別にもらったものだし、ほっといてもいいか。でも処分するのも気が引ける。。松原さんに相談しようってことで1か月前に工房に入ってました。
で、今日帰ってきました。
160331_195542.jpg
何が変わったん??これ興味ない人にはほんまに、どうでもいい変化ですよね。
160331_195514.jpg
フロイドローズがハードテイルに!!
160331_195522.jpg
ロックナット跡もメタリックに改造されています。
もちろんサウンドも良くなったといいたいところですが、、マグナはマグナ。何も変わらない。。
これからはムジカの貸しギターとして、青少年や、ロック大人たちに奏でられるであろう。
ムジカは手ぶらで来ても大丈夫!!ギターいっぱいあります。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年03月10日

リペア便り・古いギターも大丈夫!フェンダーST編

高槻にあるアツ〜いギター教室&リペアスポット、ムジカです。その代表ヒグチです。いつもありがとうございます。
 今回はギターの超有名ブランド、フェンダーのギターです。長い間ほったらかしていたようです。ネックは反り、サドルもさび付いていました。今はフェンダージャパンがなくなったらしく、これからもずっと値下がりしないギターになりました。特に古いものは人気があります。
160309_151117.jpg
まだまだいい音で鳴ってくれます。
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年03月06日

リペア便り・フレット交換・リッケン編

ご訪問、まことにありがとうございます。高槻ムジカギター教室、樋口でございます。
ギター愛好家の皆さま、ご存知でしたか?高槻市でギターリペア出来るんです!!ムジカギターでは教室とギターリペア(修理)を行っております。松原氏による安心のリペア&良心プライス!
 さて、今回はフレット交換です。リペアの中でも特に技術がいります。しかも今回はリッケンバッカーです。セットネックで指板塗装もしなければなりません。かなりの難易度でございます。
もし毎日同じギターを2時間弾けば、1年でフレットはかなり減っています。今回のギターもアマチュアの方ですが、精力的にバンド活動されているようで、限界まですり減っていました。
160303_135918.jpg

160303_135926.jpg
フレット交換後のクリア塗装。
160303_135935.jpg
新しくなったフレット。きれいになった指板。愛用されている楽器で何かお困りの事がありましたら、是非お気軽に。072−628−1824 受付樋口 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年03月04日

リペア便り・ノイズ処理(ジャズベース)

ども〜〜樋口です。今月もリペアがたくさん持ち込まれております。
大きな音で弾くライブやスタジオ練習で気になるのがノイズですよね。ジー、チリチリ、サー、キーン。
エレキギターで「エフェクターつなげすぎ、ゲイン上げすぎやで自分」って場合はしょうがないですけど、ベースでノイズは特に気になるかもしれません。
160303_135756.jpg
セイモア・ダンカンのジャズベース、いいですね〜。今回はポット全交換、ジャック交換、フレットすり合わせ、キャビティ内導電塗料処置。を行いました。
160303_135804.jpg
パーツ代込みで¥13、564!すり合わせもしてるのに!!さあ、お渡しが楽しみです。
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 12:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年02月24日

リペア便り・レスポールのトグルスイッチ交換

こんにちは〜!高槻市ムジカギター教室は、ギターリペアでも皆様に喜んでいただいております。
自分の大事な楽器を預けるのだから、はじめは不安だと思います。まずはご相談だけでもお気軽にどうぞ!
知識のない方からすると、「カモにされる。」「無理な提案をされるんじゃないか?」「専門的な事を知らないと馬鹿にされるんじゃないか」とかいろいろ思ってしまいます。僕はPCについてほぼ素人なので、電気屋さんで何かそういう気持ち分かります。
 さて今回はオービルのレスポールカスタムモデルでございます。美しいギターですね。
160224_140913.jpg
「スイッチの具合が良くない。」との事でしたので、パーツを交換しました。電気系はどうしても消耗していきますので、あれこれやっても改善しないときはサクっと交換でございます。
そのあと同じオーナーさんよりすごいギターがムジカに来ました。これはまた後日!!
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年02月12日

リペア便り・ナットの交換 カワイG40編

「あったけ〜助かっただぁ!」午前も4時以降も教室だから、今日はもうお昼にPCカフェに来てます。この春の知らせのような気候とともに、ムジカNEWPCも明日届くとの事です。でもセッティング自信ないからPC顧問に任せるのだけど。。皆様、もうちょっとでメール開通いたします。(スマホにしてれば良かったんですよね。さんざん言われたのに意地張ったんです。)
  「ミドリ楽器で買ったんですけど、ナットの修理できますか?」お電話でお問い合わせいただきました。お話によると僕が売ったものだ。ミドリ楽器はわが実家ショップ。12年間ギターの販売もさせていただいた。そのときのものだ。「なるべく安く、お願いします。」との事。
 ナットの交換は通常¥5、000〜6、000はする修理です。なぜなら!
IMG_5152.JPG
この牛の骨をヤスリで、ナットの形にして行くからです。手間です。もう手間しかない。でヤスリも様々なものが必要なのです。
でもその値段だったら、あきらめるとの事。。。う〜〜ん、ここはヒグチを発動しよう!「とりあえず持って来てください。」
ギターはカワイのG40クラシックギターだった。杉単板でなかなかの雰囲気を出している。「直さなければ。」
手持ちの形成済みプラスティックナットをあさる。ガサゴソ、これなら少しの手間でギターにセットできる。
IMG_5148.JPG
ついでにサドルも形成し直す。フレットも指板もかなり汚れているのでクリーニング。
IMG_5149.JPG
ボディも専用のクリーナーで磨き上げました。弦はオーガスティンリーガル黒。どうですか、結構オーラあるでしょう。
ナットは耐久性、サウンドともにボーン(骨)が一番です。しかしながら楽器自体が安価であったり、もらったものであったり、あんまりお金をかけたくない場合には今回のようにヒグチが発動します。今回は全部で¥3,500でございます。
なお、通常のリペアもお客様のご要望をお聞きしたうえで、最善の方法で処置させていただいておりますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。
高槻ムジカギターhttp://musica09.sakura.ne.jp/ 
posted by 樋口昌紀 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年02月06日

リペア便り・グレコレスポール復活の巻

ども!高槻市でギターリペアをお探しの方へ!ムジカギターの樋口でございます。
今日も阪急高槻市駅周辺よりお届けいたします。(PCは来週のようです。)
 さて、今回は以前に紹介した頂き物のグレコレスポールスタンダードモデルのその後でございます。http://musica09.sblo.jp/article/168198743.html 1ピックアップ仕様でがんばって、町のロックイベントで弾いてみましたが、全然自分の音が聴こえない。。抜けて来ない。一気に弾く気がなくなってお蔵入り寸前でしたが、松原氏に相談。「ギブソンピックアップのストックがある。」との情報を得て、全部お任せしました。
1週間後、電気系統を一新し、ギターの体をなし帰ってまいりました!
IMG_5128.JPG
コンデンサーやポットも適切じゃなく、全然ダメだったようです。
IMG_5132.JPG
導電塗料がきれいに塗られ、プロによる整頓された美しい配線に生まれ変わりました。トグル・ポット部分ともに蓋がなかったのですが、今回新たに製作していただきました。
音を出してみる。当たり前ですけど「いい音!」ずっとフェンダー系で来ましたが、この鳴りはやっぱりレスポール(タイプ)ならではですね。見た目もちょっとニールヤング。リアの音が一音、一音隅々まで響きとてもコントロールしやすい。今回のようにリペアしていただく事でまた手放せないギターが1本増えました。
 皆様も、もしリペアやカスタムをお考えでしたら是非、お気軽にご相談くださいませ!
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 19:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年01月28日

リペア便り・アコギにピックアップをつける!

ども!ムジカギター教室の樋口です。ただいまPCが壊れてしまっているため、メールの送受信が出来ません。毎日違うPCでなんとかUPしております。ご用の皆様はお手数ですがお電話にてお願いいたします。
 さて、アコギにピックアップをつけたい。野外やライブで演奏される方から多いご依頼です。「自分でも出来るんちゃう?」って思っている方には、いくつかあるある注意点をお伝えします。@まずエンドピンジャックの径を広げるためにドリルを使うのですが、塗装が持っていかれて割れる。かなりテンション下がります。Aまっすぐに穴が開いていないので、ジャックが斜めに刺さる。ものすごく後悔します。
自信がない方、きっちり仕上げたい方はぜひムジカにお持ちください。
IMG_5104.JPG
今回お預かりしたFG400W、ギブソンライクでサウンドもジャキジャキ、エレアコ化するにはもってこい。マグネットタイプの装着を予定しています。
電話072−628−1824 担当 樋口
posted by 樋口昌紀 at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年01月17日

リペア便り・ジャックが陥没!!どないしよ。

今日は日曜日、ムジカは日曜日もやってますよ!!1月もじゃんじゃん来てます!いろいろ。
 さて、今回のリペアはどう直すか、お客さまのご要望をよく聞かなければならない事例でございます。
IMG_5082.JPG
ご覧いただけますか?ジャック周りの木部が完全に陥没しております。シールドが刺さったまま何か大きな力がかかったのでしょうか。。
IMG_5084.JPG
何を優先するかです。元通りきれいに分からなくするのか、実用性を優先して価格を抑えるのか。ゆっくりお話いたします。で、このベース(SGベースです)はライブハウスに常に置いてある楽器という事でした。「お酒を飲んだ方が手に取る事もある」ともおっしゃっていました。
ここで実用性を重視する事が決まりました。あとはどう直すか、リペアマンのセンスが問われます。
160116_175018.jpg
松原氏が出した回答
160116_175025.jpg
アルミの板を削り出してプレートを作成、トーンポットの軸を使う事で、トップ板への木ネジを1か所ですませている。そして、このアイアン感、ヘビー感、サイボーグ感、頑丈な男の楽器を演出しております。
「お、何このSGベース!」となること請け合い。(楽器にうるさい人が集まる場所に置かれるのだから)
この選択肢の多さがプロリペアの価値ですよね。ケースを開けた瞬間「かっこええ。」と言ってしまったもん。ちなみにこれで¥4,000です。今回は配線も手直ししましたので+¥3,500でございます。
高槻市ギターリペア http://musica09.sakura.ne.jp/ 
posted by 樋口昌紀 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年01月16日

リペア便り・レスポールの音でアーミングしたいのだ!

どもっ!ムジカギターの樋口です。いつも当ブログにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。
今日はエレキギターのアームのお話です。あのキュイ〜んってする棒ですね。今回はギブソンのレスポールに取り付けるという事でSTETSBARなるパーツを装着いたしました。
160116_175216.jpg
恥ずかしながらこの商品を知らなかった樋口です。取り付け、調整はもちろん松原氏です。
160116_175238.jpg
これでお気に入りのレスポールサウンドでアーミング出来るというわけです!(真ん中にアームバーを差し込みます。)で、ちょっと動作確認させていただきましたがコレいいです。非常にスムーズに動きます。
無改造で取り付ける事が可能なので、もとに戻すかもしれない人にはオススメです!
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年01月12日

リペア便り・HeadWay HD-305

こんにちは!高槻でギターリペアをお探しですか?ムジカギターは高槻市沢良木町あります。スーパーマックスバリューのスグ近くです。本日は国産アコギの人気ブランド、ヘッドウェイギターの調整レポートです。
「弦高が高くて弾きにくい。」ギターリペアの定番ですが、やっぱりプロの調整をおすすめいたします。
自覚症状があればまだいいのですが、たまにものすごく弦高の高いギター(おそらくほったらかし、ナットがもとから高い)で「指が痛い」「Fが鳴らない!」と悩んでる方をお見受けいたします。
IMG_5089.JPG
復刻ではない、70〜80年代のギターです。
IMG_5085.JPG
見るからに良材です。
IMG_5086.JPG
サドルの高さも残せました。
IMG_5088.JPG
ナットの溝切りは素人は触らないほうが賢明です。
ヘッドウェイのアジャスタブルロッドは見えないところにあります。短いスパナで回します。
調整を終えたギター。軽く指でストロークしただけで、ものすごいレスポンスで、バランスも最高です。
サイドバックはマホガニーの合板かと思いますが、今のオール単板より鳴ってるかもしれない。
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 13:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年12月26日

リペア便り・W−40のフレット交換、ブリッジ再接着。

はい。こんにちは。ムジカギター教室の樋口です。
27日までのお試しレッスン半額¥1000は残り2名となりました。2015年冬の想い出にどうですか。
 さて、今日はリペアが終わったモーリスW−40のレポートでございます。 
IMG_5063.JPG
まずはフレットから。しっかり高さのあるフレットになりました。エッジはきれいに丸められています。これで小さな力で押弦しても、ハッキリ鳴らすことが出来ます。ギターの鳴りが全然違います。ごっつ鳴ってます。
IMG_5064.JPG
ブリッジはいったんはがして、丸くなったボディのアールに合わせて底面をサンディング。サドルもピッタリのものに交換しています。弦のアングルが十分に保たれています。しっかり音量が出ます。
IMG_5065.JPG
それにともない、ナットも交換しております。牛骨のナットとサドルはサスティーンが気持ちよく、音質もグッとゴージャスにリッチになるのです。
まとめ・・・このギターならソロギターも十分聴かせられる音色になりました。弾きやすさも格別です。長時間弾いても苦になりません。音の深さ、低音の鳴りという点では少し足りない部分もありますが、オール合板という事を考えれば、ものすごく鳴っている固体です。弾き語りなんかには申し分のないギターだと思います。
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 15:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターリペア

2015年12月19日

リペア便り・トップ板浮きの修理・アコギ編

こんにちは〜!いよいよ寒くなってきました。最近は「高槻にギターのリペア出来るところがあったんやぁ!」とよく言われています。本当に今年後半はリペア依頼が多くて、新しいお客様との出会いが新鮮でございました。ムジカは2009年誕生時はヒグチがリペアもしていましたが、今は全てプロクラフト、リペアマンの松原氏にお任せしております。リペアに関しましてはヒグチは受付と状態を見るだけでございます。
 さて、そんな中この1本でございます。70年代の庄司正雄氏製作のアコースティックギターです。以前にもシャーラーペグの取り付けでお預かりしました。
151201_160649.jpg
もう何といってもこの見た目のインパクトがすごすぎます。メヒーコ!マリアッチ、ルチャリブレ、マスカラス、ドスカラス、トルティーア、タコス、ナチョス、エル・サント、ありとあらゆるイメージが湧きおこります。グラン浜田もビックリでございます。
151201_160828.jpg
151201_160847.jpg
しかしながら、見た目とは裏腹に?その材料は極上でございます。柾目のハカランダでしょう。もちろんオール単板、指板はエボニー、インレイは独特で人のまねはしない気迫が伝わってきます。このあたりは飛び技だけでなく、基本のグランド技、ストロングスタイルのレスリングも出来るといったところでしょうか。
オーナーは「当時、マーチンより高かった。」とおっしゃってました。それにもビックリしましたが、マーティンを買いに行って、こっちを選ぶオーナーのセンスに脱帽でございます。
 話が完全にそれてしまって、読者の方の多くがこのあたりで読むのをやめってしまっている感もありますが、本題でございます。このようにトップ板が浮いています。
151201_160701.jpg
長年の使用で塗装も変色しております。
で、リペアから帰ってくると。。。
IMG_5041.JPG
しっかりと接着され、塗装面もきれいに、さらにブレーシングの再接着も行いました。
このギターはバリバリに現役で使用されています。ちなみにオーナーはギターの達人で、とてもスゴい人なんです。このギターなんで分かる方には分かるのかもしれません。
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア