2018年07月13日

小学6年生、ギターの買い替え。サイズアップ!グレードアップ!杉か松か。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。暑いっすね。今は涼しいところで仕事をさせていただいておりますが、アルバイトは肉体労働ばっかりでした。ゴミ収集車に乗ってたこともあります。夏はあの頃を思い出す。匂いとともに。
 さて、子供たちのギター、1度は買い替えなければならないかもしれません。今回は5歳からはじめた子が6年生になって、580mmのギターでは小さくなってきた。これ以上上達するにはもう限界だなと思って650mmへのサイズアップを提案しました。ギターが大きくなれば、音も良く響くし、表現意欲も自然と増すと思う。表現意欲が増せばそれに必要な技術の習得を受け入れるだろう。つまり好循環が生まれるというわけだ。
IMG_20180713_153024.jpg
ギターの材質は2種類あります。左が松(スプルース)、右は杉(シダー)どちらもギターの表板に使われる最適な材料。「じゃ何が違うん?」ってなりますよね。。何が違うんやろ。色?ま、ザックリいうと松の方が硬質で、いやでも杉も硬い音出るし、、音量は杉の方がデカい感じはするけど、松は深い感じがしますな。横板と裏板でもずいぶん変わるし。。結局どないやねん。
松は芯がある。杉はぶわっと鳴る。でいいかな。とにかく好きなほうにしたらいいと思います。僕はやっぱり1本づつ持ってます。あの子はどっちを選ぶんやろか。

日本ブログ村に参加しています。他にもいろんなギター教室の記事がありますよ。ぴかぴか(新しい)
にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>
大阪府高槻市のギター教室 https://musica-guitar.com/
posted by 樋口昌紀 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183851835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック