2018年04月06日

拍手 M.E.engineering STモデル全容。動画アリ

エレキギターを全く弾かなくなって1年、ていうか1本も手元になかった。でも、エレキが嫌いかっていうとそんな事はないんです。ただバンドとか、ライブハウスとかのノリが自分には合わないなぁ、、と。僕らの高校時代はビジュアル系全盛期、あんなイケイケ出来ないんですね。「ふ、不良や〜!」って思ってるタイプでした。柄じゃないっていうか恥ずかしいんですかね。あとは機材ですね。アンプ、エフェクター、電気とか機械はまるでダメです。プロゴルファー猿のような原始人。DTM(デスクトップミュージック)っていうんですか。全然分かりません。あのipodとかいうので「何千曲も入るで〜」っていう時期も全然やろうとしなかったし、車は標準装備のカセットとラジオのまま。ほんまに音楽好きなんか、自分でもナゾです。

 さて、松原工房で作ってもらったストラトです。今回はじっくり行きます。好きな人よろしくです。
IMG_7742.JPG
まず、全体像です。ポイントは1ボリューム、1トーンなところ。

IMG_7689.JPG
ヘッドストック、M.E.engineering 松原のMでもあり、松原工房オリジナルブランドMahのMでもある。EにはEconomy Ecology Evolutionの意味が込められている。

IMG_7732.JPG
ペグはGOTOHのロック式、チューニングが面倒だから、、

IMG_7733.JPG
ネックはWarmoth(ワーモス)製メイプル1ピース、59グリップというらしい。かなり肉厚でこれを極太とかいうのだろうけど、クラギばっかり弾く自分にはちっとも太くない。むしろごっついい感じです。あとフレイムがちょっと出てバーズアイも入ってます。バーズアイがあると硬いとの事。ラッキー。

IMG_7734.JPG
ネックはオイルフィニッシュで仕上げられている。メイプルネックは好きだがあのテカテカ指板は萎える。今後かなり汚れてきそうだけど、ま、音には関係ないからいいか。

IMG_7735.JPG
ピックアップの選定で最後まで迷ったのだが、迷うほど知識がないので松原さんに従った。LINDY FRALIN(リンディーフレーリン)の54というモデル。以前ジャズベースのPU交換でこのメーカーの音を聴いた時、「いい音だなぁ〜」とは思っていました。

IMG_7736.JPG
ブリッジもGOTOHで2点支持、2018年にもなるのに力のかかるブリッジが木ネジで止めているのが嫌だった。といいながらアームは使いません。スプリングの音が欲しいだけです。

IMG_7738.JPG
何の変哲もない後ろ姿。ボディーはウレタン塗装です。1ピースアッシュをあえてベタ塗りするのも今回こだわった点です。「これ1ピースなんですよ。」とか。しんどいじゃないですか。

クリーン。

ちょっと歪み。

Soul Foodでもう少し歪み。

こんな感じで弾くのでボリュームが邪魔なんです。

アンプはFender Japan CHAMP直です。ってこれも松原さんに借りてます。真空管らしいです。
IMG_7743.JPG
だから実はアンプも持ってないんですね。がく〜(落胆した顔)

IMG_7744.JPG
こんなの欲しいけど、高いだろうな、、

さぁいかがだったでしょうか。人が物を買った話は。いや、伝えたかったのは松原さんの技術力ですよ。ほんとうに素晴らしいギターを作ってくれます。皆様もギターのリペア、カスタムなどお困りの事がありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。それではまた!わーい(嬉しい顔)

☆ここまで読んでいただいたのも何かの縁でございやす。
是非、アナタの清き1ポチッ右矢印1にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へでブログランキング1位に育てておくんなまし。後生やでぇ。
厚かましくこっちも右矢印1重ね重ねありがとうございやす。
ご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>
MUSICAギター教室HP https://musica-guitar.com
posted by 樋口昌紀 at 15:45| Comment(4) | TrackBack(0) | ギターリペア
この記事へのコメント
わしの
ぞーさんわぃ
Posted by at 2018年04月06日 22:01
もちろん、あんたのぞーさんあるよ。そこまでえげつなないで。ただ、ボディーの角が当たって痛いねん。
Posted by MUSICA 樋口 at 2018年04月07日 11:00
エレキ復活おめでとうございます。
塗装はラッカーで杢めを出すかと思ってました。
ホワイトのミクロン塗装かハニーバーストを想像してました。

私も長年ストラトを探していますが、しっくりくるのが無いです。
ストラトを探しているはずがレスポールスタジオに夢中になっていたり

ストラトを右利きで使うことに納得がいかないのかもしれなせん。
(あと基本的にエフェクターを使わないのでストラトだと音が細くなってイヤになってしまい)
Posted by 平田智章 at 2018年04月11日 15:44
平田さん
コメントありがとうございます。
エレキを教えることはなくなったので、「いつ使うねん。」状態ですが…
しっくりくるストラト、ないですよね〜!分かります。全然ない。Fenderはやたら高いし。
 ラッカーだと手入れが面倒だからウレタンにしました。1ピースアッシュは、なかなか珍しいので杢を出したいところですが、昔からナチュラルフィニッシュとかバースト系が苦手なんです。ピックガードとのマッチングがどうも気に入らないのです。僕もエフェクターを使わないのですが、STでもアンプが良ければかなり満足の音が出ます。指で弾くのでハムバッカーだとニュアンスの変化が乏しく、その気になりません。
今回のSTはそんなワガママを全部叶えた1本。とても満足しています。いつもありがとうございます。(^^♪
Posted by 樋口昌紀 at 2018年04月11日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182907707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック