2017年07月26日

ギターの修理は変わりなく受け付けております。Martin D-45とOvation Adamas編。

エレキとアコギのレッスンは終了させていただきましたが、リペアは変わりなく受け付けております。
「お体大丈夫ですか?」といつもお世話になっている方から、リペアの依頼がありました。ありがたい事です。今は6〜7割で働いている感じです。時間も余裕を持っていますし、教える内容も絞られたので、集中できていると思います。出来ない事は出来ないんだと。
さて、マーティンD-45です。マーティン最高機種ですね。新品だと軽く¥1500,000くらいするのでしょうか。
IMG_6767.JPG
すごい音がします。久しぶりにマーティンを触った。。今は同級生からもらったKawashimaしか持ってない。。
IMG_6768.JPG
ブリッジに割れがあります。
IMG_6769.JPG
次はオベーションUSA、貫禄が違います。キラキラフレークがセンスいいです。ディープボールでマーティンとは違った深い、あったかい音がします。
IMG_6770.JPG
ヘッドの主張がすごいです。これまたすごいギターですね。
IMG_6771.JPG
問題はこの指板、1弦が潜り込んでしまうとの事。
それでは、皆さままたのご来訪お待ちしております。最後までありがとうございました。

日本ブログ村に参加しています。他にもいろんなギター教室の記事がありますよ。ぴかぴか(新しい)
にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180455394

この記事へのトラックバック