2016年11月16日

ムジカ便り・ドラゴンボールでも言ってたこと。

ども〜〜!高槻市のギター教室、ムジカの樋口です。
kurekurekaepon0329-img480x366-1450966986ybpbdu15443.jpg
ドラゴンボール、亀の甲羅しょって牛乳配達。覚えてますか?かなり初期ですね。
これは、どういう事か。「負荷をかけろ」って事ですね。今の自分を超えるにはガッツリしばりの中で、負荷をかけて、継続しなさい。って事です。
さ、ギターの世界では。。。それは何か、やっぱりメトロノームです。師匠や教室はそれを管理してくれるんです。ジムのトレーナーのように「この人にはこのくらいの負荷だな。」「もうそろそろ、負荷を上げようか。」など、挫折しないように、達成感を感じられるように各人に合わせて導きます。
「そんなの訓練じゃないか?音楽はただの音出しじゃないよ!芸術なんだ。」って議論は今は置いておきます。
生徒さんは「上手くなりたい。」でしょうし、僕は「上手くさせたい」んです。出来れば圧倒的に。音楽経験、年齢に関係なく方法さえ適切で、本人が楽しむ心を持っていれば、誰でも立派な演奏が出来ると証明したい。
ドラゴンボールで大事なポイントは負荷をかけるって事だけじゃないんです。
強くなってから甲羅をしょってないって事です。
強くなるために、はじめから背負ったんです。
「上手くなったら、弾けるようになったら、メトロノームを使います。」そういう方って本当に多いんです。非常に残念ですが、何度も言いますが、そんな日は来ません。
IMG_6190.JPG
教室のメトロノームがついに壊れました。。買い換えました。みんな頑張れ〜!
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177685245

この記事へのトラックバック