2016年11月12日

教室便り・やる気が出るまで待たない。課題は曲げない。

いつも、ムジカギター教室のブログを読んでくれてありがとうございます。今日も感じるでぇ〜〜!
いや、本当に。。え?はじめて。それでもいいです。ようこそ、おいでくださいました。
今日は土曜日ですから、また山盛りレッスンがありました。ジュニアは4名来てました。僕は課題を出します。
この曲をこのテンポで弾こう。って具体的にメトロノームを使って数字を出します。
申し訳ないですけど、出来るまでやってもらいます。「ま、いいやん。」って言いません。
そういうのって、その子の能力とか可能性を諦めた事になると思うんです。
だから、「ゴメン、アカン」って言います。出来るのに、出来る喜びの前にやめる事は許したくない。
やる気が出るときってどんな時ですか??人によって違うとは思うんですけど、何回かやってアカン。もう一回やってアカン、あと一回やってアカン。そのあたりから何ふりかまわんようになってくる。工夫もする。燃えてくるっちゅうんですか。やる気が出たら弾くってそんなんないと思います。やってるうちに自家発電するんです。
だから、課題は曲げない。泣かれてもいいんです。ウチだって子供います。多少泣いたってどうって事ないです。
そんなことで、やれば出来る事を取り除いたり、加減したりしてるからホンマに出来なくなってしまう。
何回も言ってしつこいんですけど、楽しいは「楽できる」って事じゃないです。ムジカにおられる方はみなさん、そこを知ってはると思います。
楽しいは、変化なんです。今までの自分を捨てる。むっちゃしんどいです。今のままのほうが楽じゃないですか。でもちっとも楽しくはない。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177640759

この記事へのトラックバック