2016年09月22日

ムジカ便り・「いろんなギター弾いてみてもいいですか?」

ども〜〜〜〜〜〜!吉岡秀隆ですぅ。これは若い時、しょっちゅう言われてました。そない嬉しなかった。
ギターの種類って、大きく分けて3つ、クラシック、スティール弦、エレクトリックがあります。
で、大体ポピュラーで多く使われるのが、エレクトリックとスティール弦アコースティックギターです。
クラシックギターは独自の世界がありますので、教室なんかを見ていてもそのほとんどが、エレキとアコギはセットですがクラシックは教えてません。なんか分かる気がします。
 「先生、エレキ弾いてみたいんです。」普段はずっとクラシックギターを弾いている方です。
これ、結構言いにくくないですか、普通。僕は中学生のとき、先生に隠れてフォークギター(モーリスW50)を弾いていました。
もし、先生に「お前、これを踏んでみろ。」ってそこにD−28を持ったボブ・ディランがいたら、流刑になっていたと思います。うう〜。
 そう、特にクラシック系の場合、なんか先生を裏切った感じを持つんです。世俗のものに流された私。。「ダメダメ、やっぱりカルリが1番よ!」みたいな。
でも、もうわかってると思うんですけどムジカやし、ヒグチやし、そんなたいしたことなし。。ええんちゃう!
IMG_5941.JPG
ご持参いただきました。弦を張り替えて、ネック反り、弦高も見てフレットも掃除します。
IMG_5942.JPG
こんな感じ。
IMG_5943.JPG
ラージヘッドが一層ロック感を出しますね。
ギターってそれぞれにいい部分があるから、手に取ると「やっぱこっちもいいなぁ」ってなってしまうんですね。音楽聴くにしても、全部クラシックの人もいればごちゃまぜの人もいますよね。ジュリアンブリームにしびれるし、ニールヤングにもはまる。ブルースミュージックもジャンゴもいいし、アイリッシュのソロギターもいい。ま、分かりやすくいうと一つにしぼるほど、突出してないんでしょうな。。複雑ではありますが真実。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 17:46| Comment(3) | TrackBack(0) | ギター教室・指導
この記事へのコメント
私も最近、ガットギターの音色もいいなあ〜、と思いはじめています。ずっと前にやりたかった曲にチャレンジしたいけど、難しいかなあ〜??
Posted by at 2016年09月22日 22:58
書き込みの名前洩れてました。m(__)m
Posted by かよ at 2016年09月23日 22:17
ナイロン弦こそ、音を出す基礎をじっくりやったほうがいい気がします。実際そこが楽しい。
曲はきりなくあるわけですが、自分が出す音に敏感になれば1曲でも、1小節でも、1音でも充実しますよね。
Posted by ムジカ at 2016年09月24日 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176980608

この記事へのトラックバック