2015年11月14日

生徒さんのギターはどんなの??その@マーチン

はい。こんにちは。冷たい雨ですね。今日もムジカギター教室は誰も休まず、楽しくレッスンしています。
まだしばらく続きます。合間に書いてます。樋口です。
 さて今日は生徒さんの楽器紹介です。みなさまご自分のギターには少なからず、こだわりがあるのではないでしょうか。特に男性の方、好きっすよね〜〜。ほんま好きっすよね。弾くより眺めたり、見たりしてるほうが長いんちゃうかって。近所にいっつもボルボを洗車されてる方がいるのですが、走ってるの見た事ないんです。。でもなんか分かる。磨いてる時が一番幸せなんでしょうね。。
 で、今日はマーティンCTM D−28 12というギターです。限定120本のレアモデル。
151010_090946.jpg
いまいちコードがきれいに鳴らないという事でボクも試しに弾いてみました。
音は文句ないのですが、フレットがビンテージタイプなので、押さえる場所をかなりピンポイントで捕えないと鳴りません。これは玄人向けです。指板もかなりフラットです。
151010_090955.jpg
サウンドはドンシャリ系ではなくかなりウッディーです。指弾きにもピッタリです。
このギターで上手く弾ければ、かなりスキルアップすると思います。まだまだ若いギターですので、これからもサウンドの変化が楽しみです。
高槻市ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 16:50| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター教室・指導
この記事へのコメント
左手ではフレットにスイートスポットがあるということと、右手のピッキングでも、ピッキングの位置で音が変わるといことを教わり、試してみたところ、ずいぶんと気持ちよく弾けるようになりました。
ありがとうございます。

あと訂正ですが「CTM D−28 12」は「CS D−28 12」の方が正しいようです。CTMとCSの具体的な違いは割りません。
最近のモデルに「CTM D−28 12F」という12フレットジョイントモデルがあるようです。
台数は、120と言いましたが125のようです。(マーチン研究者でなければどうでもいいレベルの数の違いですが)
Posted by 平田智章 at 2015年11月14日 20:36
訂正ありがとうございます。
「芯に当たれば飛ぶ」って感じですよね。
 
20代のころ初めてマーティンD−28を買いました。ものすごく嬉しかった!のに手放してしまいました。。今思うとあれは10年くらいは弾かないと仲良くなれないギターなのかもしれない。
Posted by ヒグチ at 2015年11月15日 12:37
こんな高級ギター、なかなかお目にかかりません。
ムジカに来てたから触ることができた、感謝、感謝です。
Posted by shio at 2015年11月15日 18:19
これからみなさんの楽器をいきなり撮影するかもです。
Posted by ヒグチ at 2015年11月16日 10:03
スイートスポット演奏を心がけてみてさらに発見したことがあります。
右手のスイートスポットとして、サウンドホールより指板よりを弾くようにしてみたのですが、かなり握力に堪えます。
ピックが滑って手から落ちそうになります。
たぶん、従来は、ピックに力がかからないところを無意識に選んで、音が細くなっていたのではないかと思います。
Posted by 平田智章 at 2015年11月16日 21:01
そうですね。深くピックを当てるとピックが持っていかれる感じになるのではないでしょうか。振りぬくスピードで解決できるといいのですが。
Posted by ヒグチ at 2015年11月17日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167799988

この記事へのトラックバック