2015年11月12日

リペア便り・エレキのネック反りと弦高調整

ども!樋口です。みなさん、なにかと忙しくなって来てるんじゃないでしょうか。ウチ?ま、フツーです。。
 さて、ギターといえば反り、反りといえば弦高、ギターを持つとすぐに反りを見てしまう方。分かります。
3歳の子供が片目をつぶって反りを見るマネをしたときは、ビックリしました。ボクもまず反りからです。基本、反っていたらそれ以上その楽器に執着することはないです。楽器選びの最重要ポイントになっています。
エレキギターの弦高を極限まで下げたい場合、まずはネックの反りを調整します。サドル調整とかは弦を張ってからです。
IMG_4868.JPG
今回のアリア、すごい順反りです。特にハイポジはビビりまくってます。罰ゲームのような状態です。
リペアの場合、基本は松原氏にお任せしておりますが、ミドリ楽器時代のノウハウで出来る事はヒグチがやる事もあります。
IMG_4871.JPG
まずはネックをはずします。
IMG_4873.JPG
せっかくなのでフレットもきれいにします。わずかに逆反りにしておきます。
IMG_4874.JPG
元通りに組みながら、ブリッジの高さなどを調整します。
IMG_4878.JPG
12フレットでこの高さ。ベタベタですがビビりません。スイッチの接触も治しておきました。
今回このリペア、ロッド調整、ブリッジ調整、フレット磨き、ボディ磨き、電気系接点強化で¥4 ,000税込でございます。
高槻市ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167663140

この記事へのトラックバック