2015年10月23日

リペア便り・フレット交換

はい、こんにちは。ムジカギターの樋口です。
今日はフレット交換について。ギター修理の中でもハードルが高いのがフレット交換だと思います。
金額も安くはないですし、交換時期を迷うことが多いのではないでしょうか。
リペアもいろんな工程があって、気が抜けません。弾き心地や出音にダイレクトに影響しますので、ユーザーもシビアにチェックされる部分だと思います。今回はメイプル指板なのでさらにハードルが高いです。
まず、持ち込まれた時の状態がこちら。
IMG_4618.JPG
ギターは70年代のフェルナンデス、バーニーカスタムSTモデルです。
IMG_4624.JPG
フレットがかなり低く平べったい。正直弾きにくいと思います。

で、交換、塗装、調整された状態がこちら。
IMG_4797.JPG
大きく、高いフレットで発音が楽になりました。音もコシのあるいい音になりましたよ。
IMG_4800.JPG
サイドエッジもノーストレス。
IMG_4804.JPG
かなり思い入れのあるギターとのことでした。これでまたバリバリ活躍される事と思います。
今回のリペア、メイプル指板のため塗装が必要ですので¥40,700税込です。(弦、ロッドナット代込み)でした。ローズウッド指板ですと¥30,000です。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166300874

この記事へのトラックバック