2015年09月16日

教室便り・メトロノーム記念日

はい!こんにちは。ムジカギター教室の樋口昌紀です。ヒグチマサノリです。
今日はボクのブログで何回も登場しているメトロノームのお話。方法を変えなければ結果は変わらない。
分かっていても、今までの方法をなかなか変えられない。新しい方法を学ばなければならない。それがすごく億劫に感じる。そしてまた今まで通りのやり方でただ漫然と繰り返すだけの練習。
ボクがメトロノームを重要視するようになったのは、もう大人になってから。http://kimura-gt.com/kimuragita/Welcome.htmlここでギターを習うようになってからだ。ここにいた子供たちのギターの上手い事!そのとき「すごいなぁ」って思った子はみんなプロのギターリストになっています。ショックでした。当時、ボクはもうギター教室をやってましたが、自分の演奏に嫌気がさしていました。全然上手くならないし、思うようにギターを操れない。子供たちは伸び伸びとギター鳴らしている。
そのくせ、先生の言った通りに練習しなかった自分がいました。自分のやり方で上手くいってないくせに、変えようとしない。ウチでやってるマイコンは木村ギター教室の「弾こう会」をパクったものです。
毎月演奏してみるが散々な結果。。何度もやってもダメ、全然弾けない、ヤバい。やっと自分のやり方を変えようと思いました。だって素直に習ってる子たちはあんなに上手いじゃないか。
言われた通りメトロノームでやってみると、全然ダメだって思ってたけど、全部が悪いわけじゃない。
きっちり弾けると嬉しい。クセになる。おもしろい。
IMG_4627.JPG
今考えると、先生は一瞬でボクの問題点を見抜いていたのだ。素直な耳さえあれば、いつからでも人は変われる。「買って来たんですよ!」ってメトロノームを持ってきてくれた生徒さん。きっと上手く弾けるようになります。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163707330

この記事へのトラックバック