2015年09月11日

ムジカギターの先生ってどんな人A楽器編 2015年バージョン。

はい。こんにちは。前回はワタクシ樋口の過去をさらしまくったわけでございます。
間違っても「ヒグチさんなら私や我が子の悩みを解決してくれるかも。」とか思わないでくださいね。そういうのは専門のカウンセラーとかそういうところに行ってくださいね。そんな能力はありません。ボクに聞かれても♪きっと本当の悲しみなんて自分ひとりで癒すも〜のさ〜分かりはじめた〜♪って熱唱するか、♪求め〜ないで〜 優しさなんか〜 臆病者の言いわけだか〜ら〜♪って武田鉄矢さんのモノマネするだけです。
ノイローゼ状態の時、「同情されたら終わりやで。」って兄貴がボクにくれた言葉です。優しさと信頼だったんだね。手(グー)
 というわけで、ボクはギター教室をやっています。今回はさわやかに、所有ギターと共にギター弾きヒグチをさらして行きます。所有ギターで趣味趣向、得手不得手もご判断いただけるかと思います。ギター独習者やギター愛好家の方でムジカギター教室にご興味がある方には、何かの参考になるかもしれません。
IMG_4614.JPG
まずはクラシックギター、左はスペイン製のARIA(アリア)AC-80、立奏用にピンを付けています。
右は河野プロフェッショナルJ84年製、ハカランダモデル。
クラシックギターから弾き始めたからなのか、今でもやっぱりこだわってしまいます。無人島に1本ならクラシックギターを持っていくと思います。クラシックギターに関しましては12歳〜18歳、25歳〜35歳まで2人の素晴らしい先生に教わりました。
IMG_4615.JPG
続いて、アコースティック。左はYAMAKI CUSTOM 130、右はYAMAKI YW-80です。アコギを買ってもらったのは中学2年生だったと思います。ハーモニカ装備で、ひたすら弾き語りをしました。
IMG_4616.JPG
エレキギター、左はFender USA Highway1 Telecaster( テレキャスター)。右はFender Japan ST-33。
指で弾くのでシングルコイルのほうが反応が良い。エレキは高校生になって買いました。エレキ=バンド、バンド=複数人、複数人=俺の敵、そんな思いからかエレキデビューは遅い。ハードロック、ヘビーメタルに憧れた事は1度もないです。エフェクター類についても最低限の知識しかありません。その辺りはかなりショボいです。BBJというバンドで10年ギターを担当しました。今年はむらむらサミ〜ずの一員として高槻ジャズストリートに出演しました。エレキでも我が道行くタイプが好きです。
IMG_4617.JPG
番外編としてはマカフェリタイプとウクレレ。ジャンゴ・ラインハルトが好きなので25歳くらいの時に買いました。ウクレレは実家の教室や幼稚園コンサートで登場します。
たくさんのギターを買ったり、売ったりしてこんな状態に落ち着いています。全部メンテナンスしながら大事に使ってます。
 今から「ギターやるぞ〜!」って方にはよく分からない話だったかもしれませんが、道具の話もなかなか楽しいもんですよ。ぜひ、お気に入りのギターを見つけてくださいね!
2018年バージョンはこちら→http://musica09.sblo.jp/article/182351674.html

日本ブログ村に参加しています。他にもいろんなギター教室の記事がありますよ。ぴかぴか(新しい)
にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介・プロフィール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163378185

この記事へのトラックバック