2017年07月06日

復帰祝いはDjango Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト)の本だった。

4ヶ月も教室を、しかも病気とはいえ自分の都合で休んだのだ。復帰にしたって自分の都合で決めたわけで、自分勝手といわれたら、返す言葉はありません。ほんとに。
 今日はエレキギターコースに来てくれていた方が、「クラシックギターにします。」と申し込んでくださりレッスンしました。「なぜ?クラシックギターになさったのですか?」とお聞きすると、「前から、やってみたかった。ちゃんと音楽を習ってみたかった。」とお答えいただきました。
 僕はちゃんと音楽を教えられるように、自己の研鑽は怠っていません。自分に出来る可能なかぎりの時間をギターの練習と、指導の研究に当てています。この4ヶ月は子供のおもちゃのかたずけと、洗い物、洗濯物取り込み&たたみ、お風呂入れ、寝かしつけのスキルアップ(あと通院)に加えて、ここ最近では1番ギターを弾いています。そして皮肉にも今までで1番ギター演奏を楽しんでいる気がする。
レッスンの最後「これ復帰祝いです。」と本をいただきました。この休み期間で実はエレキギターとアンプをすべて処分した。(友人にもらったZO3はあります)マーティンと河野は代表のJose Ramirez(ホセ・ラミレス)に代わった。
同時にCDや本もほとんど処分した。残したCDは10枚もなかった。その中にはアンドレス・セゴビアとジャンゴ・ラインハルト、ジュリアン・ブリームなどがあった。
「もうロックは聴かないかと思って。」なんと気の利いたプレゼントだろう。。
170706_160837.jpg
マカフェリギターは残していた。いつか全部リフィニッシュしたい。(あ、して欲しい。)一番軽い塗装って何なんだろう。
170706_163014.jpg
こんな優しい気持ちの生徒さんがいて、嬉しいな。嬉しい気持ちだな。揺れるハート
今宵はゆっくりジャンゴロジーでも聴くべな。

日本ブログ村に参加しています。他にもいろんなギター教室の記事がありますよ。ぴかぴか(新しい)
にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。<(_ _)>
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導