2016年11月29日

ムジカ便り・クラシックギターのトレモロ奏法との出会い。

ども!!ムジカギター教室の樋口です。ホームページを見た!ブログを見た!お問い合わせ、ご来店?ご来室?誠にありがとうございます。
いきなり質問なんですが、ギターの名曲、ギターといえば?一体どんな曲が浮かびますでしょうか?
「う〜〜〜ん、そう言われると。。」出たとしてもバンドの曲とかが多いのではないでしょうか。
「はいはいはい〜!アルハンブラ宮殿の想い出です!」とはならないでしょう。
クラシックギター自体がそこまで広まってませんから、この曲、実はほとんど知られてないと思います。やっぱり愛好家だけが知る世界なんですよね。広めたいなら自分でなんとかせんなあきませんな。
 かれこれ20年くらい前ですね。すでにミドリ楽器でギター教室をしていたんです。とあるお客さんが「アルハンブラも弾けるん?」って目の前でちょっと弾いてくれたんです。ガビーン!!カルカッシ教則本の最後を飾る名曲、、クラシックギターは習っていたけれど、実は途中でアコギやエレキに興味が行ったので全然弾いてなかったのです。
やっぱやらなあかんな、、ギターの先生やもんな。。ペラペラ、、音符多いな・・まず、曲を理解するのに時間がかかります。奏法ばっかりに気をとられて、どんな音楽なのかまで気が回らない。ほんとは逆なんですけど、若かったし、、その時は先生にもついてませんでした。弾いてみるんですけど、なんかよく解らない。
で、数年後に先生に教えてもらいました。構造、練習法、仕上げ方、全部具体的でした。

こんな感じです。。すいません、半分しか弾いていません。

これもトレモロでは有名な曲です。やってみたい方は習ったほうがいいです。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
Facebookページhttps://www.facebook.com/guitar.musica/
posted by 樋口昌紀 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導