2016年05月31日

教室だより・ジャカジャカからソロギターへのステップが大きすぎる。

と思いません??
コードでジャカジャカはこんなに出来るのに。。ソロギターになったとたんに全く動けない。。
あ、ソロギターっていうのはギターだけで、メロディーとかハーモニーとかベースを弾くスタイルで歌いません。

ま、こんな感じです。
近年、人気のスタイルで確かにお家でお父さんとかが、ソロギを渋くキメるのはありやと思います。
もちろん、弾き語りもカッコいいんですけど、ずっとやられるとTVとか聴こえへんし、、ね。
このソロギターってスタイルは、やっぱり段階踏んでやることやらないとなかなかええ感じになってこない。
まさに器楽。でも、むっちゃ楽しいで〜。鉄弦の音もいいよね。
大人のソロギター、どないでっか〜!
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月29日

教室便り・ギター合奏の愉しみ

ども、ども。ど〜〜も。樋口です。
今日は高校卒業以来会ってなかった友達が、いきなりハーレーで来る。
ドッドっドッド
160529_120557.jpg
なんて事がありました。「これで食えるたぁ〜スゴイな。」ばっかり言われた。そんだけ勉強しましたよ。
約束通りハグしてやった。
 さて、そのあとはムジカギター合奏練習でした。楽しかった〜!なかなかの出来。まだまだリズムもバランスも詰められるけど、ここまで出来てちょっと感動。。

来月もするで〜!

高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月28日

教室便り・「練習しなさい!」は簡単。

こんにちは!ムジカギター教室の樋口です。皆さま、お元気でしょうか。
わたくしは、今日もレッスンしています。有り難い事でございます。
 さて、教室をしていますとスランプというのか、なんというのか、全然練習しなくなる子供がいます。
レッスン開始時に、その子のギターを触っただけでわかります。「あ、弾いてないな。」
また、同じことを言わなきゃならない。第一、弾く気がない、やる気がない子に教えるのはすごいストレスなんです。イィ〜〜!ってなって次に出てくる言葉は何でしょうか?
「練習しなさい!」です。これ、1番簡単な言葉ですよね。何も考えてない。
20代のころ、まだミドリ楽器で教室してました。
「なんで練習しないの??」って本気で怒った事もあります。
ただ、感情的に腹が立っていただけです。
でも、もっと冷静に原因を追究するべきだった。どうしたらギターが楽しいと感じるんだろう。この視点を忘れちゃいけないんですよね。ギターが死ぬほど好きってまで行かなくても、嫌いじゃない、どっちかっていうと好きくらいにはしておきたい。
自分の教え方、伝え方が面白くないんじゃないのか。って。そうやって考えるだけで伝え方は変わってくる。
で、それが伝われば、またやる気を出すんです。
練習しないのはギターが嫌いだからじゃないんです。こっちの伝え方や対話が不足してるんです。
これからも、このあたりは気を付けてやって行きたいです。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月27日

18歳未満の方のお申し込みは、保護者の方と一緒にお願いします。

ども、ムジカギター教室の樋口です。看板を音読する小学生が激増中です。ちょっと恥ずかしい。けど変えない。
 さて、ムジカギター教室、気になりますか?高校生の人なら軽音楽部ですかね。
お電話ありがとうね〜!でも、18歳未満の方単独では、予約を受け付けてないんです。ぜひ、保護者の方と一緒に受話器持ってください。お試しでもお金が発生します。ムジカはお試し有料です。
保護者の方には、自分の子供がどんなところに行き、どんな人にお金を払うのかをしっかり確認してほしいんです。こちらもしっかり、1度は顔を見てきちんとご挨拶させていただきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月26日

教室便り・ムジカに女性が増えている!!

ども!今日はお昼の更新でございます。「お、今日は早いじゃないか」って?いつもありがとうございます。
 さて、昨年〜今年、たくさんの新しい生徒さんと出会っています。お試しもほんとに多くなっています。
で、その中でも女性が多かった。ジュニア〜大人の方まで。これはムジカはじまって以来、というか講師歴はじまって以来の事です。なぜだろう。。特に何も変えてない。頭もボサボサのままだし、むしろ加速しているし。
お世辞とか言わないし。けっこーキビシーし。。う〜〜ん。って考えて「これかな」って思った。
 我が家には娘が2人いるんですけど、上の子が4歳になって春から幼稚園に行き出したんです。すると急に成長するんですね。もう普通に会話出来るんですね。冗談も通じますし、ツッコミも入れてきます。2人でコンビニ行ったりするの楽しいんです。
 僕の人生は男兄弟、親戚いとこ全員男、男子校6年、がっちがちの魁男塾だったんです。それが今は家族全員女性です。しかも上の子はもう普通に話せる。なるほど、ここにきてヒグチの中の男女耐性比率が中和してきたんじゃないかと。ええ。それがオーラとなってヒグチを包みはじめているのではないかと。え?どうでもよくなってきた?すんません。
IMG_5279.JPG
そんな中のお一人、なんとギブソンSGです。かっこよろしいやんか。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月25日

読者の皆様へ。

ども。樋口です。
このブログを毎日更新しはじめたのが、去年の8月です。今どれだけのアクセスがあるのか。。
それはヒグチだけが知っています。しかしながら、一体どんな人が、ちょくちょく読んでくれているのか、正直分からない。本当にありがとうございます。
生徒さん?僕の友人?リペアでお悩みの方?同業者の方?ご近所さん?家族?
とにもかくにも、こうして訪ねてくれてありがとう。
ムジカギター教室は今日も、無事に終わりました。
8月まで、あとちょっと。気を引き締めてまいりたいと思います。
え?今日はネタがなかったんやろって?ま、そんなところでございます。
ホームページをちょこちょこいじってますよ。それでは!
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
タグ:お知らせ
posted by 樋口昌紀 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編・雑記

2016年05月24日

リペア便り・レスポールのネックが折れた!!

ども!ムジカギター教室の樋口です。
「なんであんなところに置いたんやろ〜!」「なんでスタンド使わんかったんや・・」
ギターのネックが折れた時、誰もが思うのではないでしょうか。レスポールのようなギターはうつぶせに寝かせるしか安心はありません。ハードケースごと倒れて、やっぱり折れたギターを知っています。
焦って、自分でボンド入れたりしたら状況は悪くなる一方でございます。
そういうときは「は、しゃーない。はい、折れた〜!」と明るく行きましょう。覆水盆に返らず。
まず、折れた部分には触らないようにしましょう。じ〜〜と見て「きれいに行きよったなぁ〜」と。
「なんで、あの時、、」そういうのは時間の無駄です。分かりますけど。。ね。
IMG_5278.JPG
希望を捨てたり、悲観的にならないようにしましょう。「絶対きれいに治る。」と信じましょう。
あとは、いろんなところに見積もりを依頼してみましょう。いきなりムジカでもいいです。
ネック折れは見積もりにかなり差があるようです。
ムジカでは通常¥35,000です。塗装や補強材、すべて込みのお値段です。
お電話は072−628−1824 樋口まで。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年05月22日

リペア便り・古いギターも大丈夫!!

ギターリペア、修理も出来るギター教室です。
ご安心ください。樋口がやってるわけではありません。ちゃんとリペアはリペアで松原氏にお願いしています。
自分の楽器もメンテナンスは全部お任せしています。
当たり前ですけど、やっぱりプロの仕事は違います。知らない事、いっぱいです。。
昔ちょっとリペアしてた自分が恥ずかしいです。。
さて、今回はテレキャスターのオーバーホール。
スイッチ、ポット、配線材の交換、ネック反り、オクターブ調整をしました。
IMG_5273.JPG
フェンダージャパンのギターです。重たいアッシュでどっしり鳴ります。
高槻の方でギターリペア、カスタムをお考えでしたら、是非、一度ご相談を!
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2016年05月21日

教室便り・どんどん歌おう!!

「歌うのが嫌じゃなくなった。」とは、中3少年。
僕は積極的に歌わせる。上手い下手なんか分からない。声楽やボーカルの勉強なんかしたことないからだ。
ただ、弾き語りしたいのにギターだけ弾くんじゃ。ネタのない寿司じゃないか。
弾き語りってのは、歌とギター(楽器)の相乗効果のあるパフォーマンスだと思っているから、どんどん歌わせる。僕も一緒に歌っている。
はじめは恥ずかしそうに、全然声の出てない子も、よく聴けば全然音痴じゃない。いい声してる。
「もっと、もっと、伝わるように。ガンガンいったらんか〜い!」
どんどんかっこ良くなってくる。
何回も言うけど、弾き語りのギターが担っている役割って、伴奏。つまりシャリ。それだけでは成り立たんのです。あと、やっぱりこういう事するなら、聴いてくれる人の事を考えてほしい。
コードでジャカジャカって、歌がないとなんのこっちゃサッパリ分からない。
サッパリ分からないっていう意味じゃ、日本人にロシア語とかアラビア語でしゃべってるのと同じって事です。
それって、優しくないやん。
「分かってほしい。」だったら歌わないと。ガラガラ声でも音痴でも、伝えたいって想いがあればええんです。
ムジカに来たら歌わされるで。でも絶対やって良かったって思うはず。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月20日

教室便り・発表会の曲を決めて行きます。

ども!!高槻ムジカギター教室、たくさんのアクセスいつもありがとうございます。
さて、10月15日の発表会に向けて、それぞれに演奏曲を決めています。今年はクオリティにこだわりたいと思います。毎年その意識はありましたが、今回は今までで1番こだわろうと思います。どんな小曲であっても、質にこだわろうと。スーパージュニアもシニアも、人前で演奏する限りは「間違えなかった」とか「指がよく動く」とか、そういう次元を超えたところで、演奏してほしい。
弾き語る人も多いと思います。ただのカラオケにならないように、その人ならではのパフォーマンスになるように、一緒に作り上げていきたいと思います。
7月からお月謝も上がります。その分、さらに中身の濃いギター教室にしたいなと思っています。
合奏練習も一通り下見出来た感じですから、いよいよ聴こえ方にこだわって、みんなでクオリティーを上げていきましょう。
さぁ気合入れまっせ!
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月19日

教室便り・脅威のストラップパワー!!

ども、いつもご訪問いただき、誠にありがとうございます。「今日は一体何を書いてるんだ。樋口は。」なんて。
賛成もあれば、反対もある。好きもあれば嫌いもありましょう。それが、書くという事でございます。
まだ、書き続けます。
 さて、今日はギターにつけるベルト、ストラップの話。ジュニアギターの生徒(丸3年来てくれています。)
ここのところよく弾いています。一気に弾けるようになってます。あるとき聞いたんです。「ストラップつけて立って弾きたくないか?」って。そしたらすごく嬉しそうな顔をしたんです。
で、リペアでお世話になっている松原さんにお願いしてつけてもらいました。すると「毎日ギターを弾くようになった。」ってお母さん。
確かに全然違うんですね。音ものびのびしてるし、ずっとそうしたかったんだなぁ。気が付いてよかった。
160511_172201.jpg
好きな柄を選んだんだね。いけてるで〜!
高槻ムジカギター http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月18日

教室便り・「俺、プロになりたいっす。」

「あんたの人生や好きにしなはれ。」基本はこうですよ。基本は。
高校生〜大学生くらいの若き生徒がたま〜に言います。気持ちは分からんでもない。あ、でも僕は高校生のときそうは思わなかったんですよね。もっとどうしようもなかったと思います。僕が思っていたのは「旅しながら、ずっとギターが弾きたい。」だけでした。ほんとにバカです。家族が心配します。そういえば中学の時の担任の先生がいい事言ってた。「働くってのは傍を楽にすること。それでハタラクだ。」って。仕事って誰かの役に立つこと、困ったことを解決すること、希望や夢を与えること、感動させることだって。決して金を稼ぐことじゃない。
 僕は高校3年生のとき、音楽専門学校も見学に行った。そのとき僕は感じていたんだと思います。
「これで、僕はハタラケない。俺のギターは誰の役にも立たない。」って。直感です。だから行きませんでした。「これで僕はみんなを幸せにするんだ!」っていう人もいると思います。そんな人はプロになってほしいし、なるでしょう。
あと、「バイトしながらバンドします。」って先に考えるくらいならやめとけって言ってます。
プロになるなら音楽以外で金稼ぐなって。1年間同じ場所、同じ時間に、毎日ストリートでギターを弾き続けろ。その稼ぎで生きろ。それから考えろって。そんな事出来るヤツはほとんどいない。でも音楽でいっぱしの人生歩める奴なんかそのほとんどいないヤツなんだから。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月17日

教室便り・ところで楽しいって何だ!?

ども〜高槻ムジカギター教室の樋口です。5月もなかば、そろそろ新しい生徒さんも落ち着いてきました。
前回、「ギターは地味だよ〜、めんどくさいよ〜」って言いました。それは事実です。
じゃ、なんでわざわざそんなことするんだろう。。30年近くも仕事にしてまで、弾き続けてるんだろう。伝え続けてるんだろう。そりゃもちろん、その地味さや、めんどくささの何倍も楽しいからです。
しんどいのは嫌です。難しいのも嫌です。でも楽しいほうが勝ってるから続けられるんです。
で、それってスグには分からないと思うんです。うちもお試しレッスンとかやってますけど、たった1回30分くらいで分かりませんよ。「絶対イヤッ!1ミリもおもしろくない。」って思うかどうかを見てると思ってください。もし少しでも興味があるなら、しばらくやってみたほうがいいんじゃないかな。やめるのはいつでも出来ます。ほとんどの事ってやってるうちに、好きになるんじゃないかな。
ムジカギター教室ではスグにラクに楽しく、楽しく!!っていうのより、も〜〜〜っと深いギターの楽しさを提供して、皆で共有していきたいと思っています。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月15日

教室便り・「地味だよ。」連呼してゴメンなさい。

「地味でしょ」「スーパー地味」「ミスター根気」「めんどくさいやろ〜」
ジュニアのお試しレッスンで子供たちに僕がよく言う言葉です。
お試しとはおそらく習う側が、先生や指導法を試しているのであろうが、こちらもどこかで試しているのかもしれない。「こんなに地味だよ。音符もあるよ。」それでもやるの??って。
もし、簡単にお手軽に、誰でもスグに弾けるなら、それって習う価値あります??
 道端に落ちてる石ころを拾いますか?なぜ拾わないのか、タダ(価値がない)だからです。そして人は価値のないものを大事にするでしょうか?100円ショップで買った傘を終生、大事に使う人がいるのでしょうか。
だから、ギター教室をお月謝をいただいて運営させてもらっている以上、価値のあるものを提供するのがムジカの約束です。「これは習わな出来ひんで〜」「価値あったなぁ〜」と言ってもらわないといけないんです。
ギターはとんでもなく面倒くさい楽器です。
それを承知で、ギターに向きあ合う真剣な顔を見たとき、ギター教室は価値があるんやなぁって感じてます。
キャンペーンは終わりましたが、お試しレッスンは継続しています。ジュニア平日夕刻の残席はわずかです。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月14日

教室便り・弾き語りDAY

ども!!ムジカギター教室の樋口です。今日もリポビタンDで頑張るっぺな。サンキューっす!
ってもうレッスンは終わりました。。
今日は弾き語りの人が多かったなぁ〜。オジサンも高校生も中学生も、4名でした。ギターといえば弾き語り、ジャカジャカイメージ強いっすよね。僕はね「はい、次、Am、C!」とか本見たら出来ること教えたくないんです。
僕はその人のオリジナリティーを見つけ出したいんです。
おおげさにいうと、その人だけのギター弾き語りというパフォーマンスを完成させたいんです。
みんないいもの持ってます。誰にもまねできないワクワクするパフォーマンス、その人だから聴きたくなるパフォーマンスを探し、完成への道を探っています。
もちろんギターのテクニックも鍛え上げますが、1番大事なのはその人ならではの個性。弾き語りというのはギターが主役ではないです。寿司でいえばシャリ。フツーに旨くてあたり前なんです。
 例えば、コブクロさんのライブ行きました。「本日はギターの調子が悪くアカペラです。」まだありでしょ。逆はない。
160514_192431.jpg
めっちゃおもろいで。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月13日

教室だより・アルペジオを底まで掘り下げる。

ども!ムジカギター教室です。
アルペジオのお話し。arpです。hをつけるとハープになります。
つまり竪琴のようにポロロンと和音をバラバラに弾くことですね。クラシック、アコースティックギターの根幹ともいうべき奏法です。
カルカッシギター教則本P55、P56に22個のアルペジオがあります。
160513_143226.jpg

IMG_5256.JPG
ジュリアーニは120個あります。ゼゴビアさんはそれでも足りないと言ったそうです。
このアルペジオで右手を鍛えます。アポヤンドとアルアイレを声部によって弾きわける。これにつきましては新堀現代ギター教本が大変参考になります。
低音と旋律を同時に弾いて、旋律だけアポヤンドとか、低音だけアポヤンドとか。
この果てしなく、しんどい作業を乗り越えたら、右手指のコントロールが効きます。するとギター独奏の立体感がまるで違ってきます。すんません。今日は、、ガチでした。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 14:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月12日

2016年・第7回ムジカギター発表会決定!

いよいよ、この季節になりました。
第7回ムジカギターコンサートMMCの日時が決まりました。
2016年10月15日土曜日14時〜開演でございます。
場所は前回と同じ、高槻市立文化会館3階フロアです。
皆さま、お忙しいとは思いますがなにとぞ、ご出演、前向きにご検討願います。
160512_120440.jpg
いままでのプログラムを全部並べてみました。なかなか歴史がありますね。
ムジカギター教室に通っていることを誇らしく思っていただけるように、私たちはこれからも全力を尽くします。マジでいきます。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sblo.jp/
posted by 樋口昌紀 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月11日

教室便り・チューニング!!そしてチューニング

また、また、また樋口です。いつもすいません。もう飽きました?
7月までは、毎日更新続ける予定でございます。なるべくおもしろいブログを目指してますが、疲れて異常に文章が短かったり、同じことばっかり書いたりしてるかもしれません。
 さて、今日はチューニングの話。教室でバッチリチューニングしたギターも、お家でだんだん狂ってきます。
「なんか変だな。」なんてペグを回したら最後、どんどんおかしくなっていきます。
最悪、弦が切れるまであれこれ回してしまうのです。そんな生徒さんが結構おられますので、チューニングについて説明を。と思ったけど詳しい事は、もうネットにいっぱいあるでしょう。
でも、多分それ読んでもいまいち分からないからこそ、チューニング地獄にはまるんじゃないかと思うわけです。
そんなときは「あの〜チューニングだけしてください」って教室に電話してください。
レッスン中でもチューニングくらいしますし、それを嫌がる他の生徒さんはいないと思います。
160511_191147.jpg
「チューニングは耳でするもんだ。」とか言いましたけど、チューナーを買いましょう。まぁ便利です。
毎日、ピッタリにチューニングしてください。それだけでもギターは上達します。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月10日

ムジカギター合奏練習は5月29日(日)15時〜17時です。

はい。ムジカギター教室の樋口です。毎度、毎度でございます。
 さて、ギター合奏もそろそろ慣れてきましたかね。まだ全員集合とはいきませんが次回は29日にします。
軽く撮影してみようかとも考えています。(練習風景〜って事で。)緊張の練習にもなりますし。
発表会はもう少しお待ちください。調整中です。
合奏は16分音符一個間違っただけでも、合いません。(当たり前ですけど。)
独奏では自分のテンポやノリで弾けても、合奏は休符もきっちり扱います。(これも当たり前ですけど。)
ギターってそこまで、キッチリ弾くことって少ない気がします。
だから、キッチリ弾く楽しさ、「合った!」っていう気持ちよさ。みんなで音を出す楽しみを味わってほしいと思います。
1曲でも合奏に参加すると、演奏技術、楽譜の読み取り、楽器の扱いがガラっと変わるでしょう。
独奏に行き詰った方も是非、参加してみてください。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/ 
posted by 樋口昌紀 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2016年05月08日

ミュージシャンじゃないけれど・・

というわけで、昨晩はギターを弾いてきました。
musicaflame2.jpg
むちゃくちゃ楽しかった。
musicaflame.jpg
教室のギターで弾いた。
musicaflame1.jpg
ムジカ虎の穴出身のO君も奮闘しております。
彼はしきりに「今日はダメだった〜」と言ってました。そんなにヤングで全部上手いこと行ったら、わたいらオジサンはやっとられん。今は全力でパンチを打ち続けてほしい。
 こういう場所にはたくさんの出会いがあります。音楽や楽器をこよなく愛する人に出会えます。
皆がそれぞれの方法論を持っていて、それぞれのアプローチで楽器を演奏しています。こういうところには必ず名手がいます。名手は必ず聴いています。そして、いろんな事を教えてくれます。それは金言です。
そして自分は何をどう演奏するのか。その場で考える、反応するしかありません。
いかに、効果的に、最大のインパクトで自分を作用させられるのかに集中します。それは100%その場のメンバーおよび聴いておられる方のためでなくてはなりません。
曲も耳コピしたCD通りになんか進みません。曲目だってその場で追加されます。
そんな経験は教室ではできません。だからこうして、自分がさび付かないように、自分が正しいとか思わないように、自分を風に当てなければなりません。その経験はきっとギター指導の厚みを増してくれます。
でも、単純に楽しかった。なんやそれ。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導