2015年12月27日

生徒が100人いたら100通りの教え方になります。

ども、ムジカギター教室の樋口です。今日も朝からバリバリ教室しています。
 さてギターを教えるという仕事の本分とは何か。う〜〜ん。今日もヒグチはカタいなぁ。すいません。
たとえば塾の先生、良い先生とはどんな先生だろう。評価される先生とは。もちろん生徒を志望大学、有名大学に合格させる先生である。生徒の成績を上げる先生である。では何故、生徒の成績が上がり、合格するのだろう。先生が有名だから?先生が東大出ているから?そうじゃないと思います。単純に生徒が勉強したからです。簡単にいえば生徒の心に火を付けたからです。有名大学出の先生や学校の先生がむちゃくちゃ成績の悪い子に「何が分からないのかが、分からない。」とか言ってるのを聞きます。アホかと思ってしまう。
 たかだか試験勉強にこなれただけで、「何が分からないのかが分からない?」ほんなら考えんかい!分からへんのは君がアホやからやと言いたい。
「なんで弾けないのかなぁ〜、どうしてだろう。私は勝手に出来てしまうのに。。」え〜と即刻、芸術家で売れてください。
生徒の心に火を付けるには、生徒の心のどこに導火線があって、どうしたら火がつくのか、慎重に丁寧に根気よく探さなければなりません。それは見事に皆違うのです。
12月27日も燃えてる樋口です。30日21時まで燃えてます。
高槻ムジカギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター教室・指導