2015年08月12日

リペア便り・ちょっとやりすぎじゃない??

こんにちは。ムジカギターの樋口です。いつもありがとうございます。
今日は本当にあったギターリペア(修理)のこんな話。
レッスンの時ギターを2本持ってきた生徒がいた。「どしたん?」って聞くと、
自分のエレキギターがアンプにつないでも音が出ないので、楽器屋(大手チェーンS)さんに持って行ったそうです。で、「いくらくらいかかりますか?」って聞いたら¥12,000くらいと言われたそうです。彼はあまりの高額さにあきらめて帰ったそうです。そのエレキと、壊れていないエレキ2本持って教室に来たのです。ある程度エレキギターに詳しい方なら分かると思いますが、この見積もり普通じゃないですよね。
ギターの事、良く分からない方に分かりやすくお伝えするなら、吉野家で「牛丼!」って注文したら「へい!¥1,200です!」って言われた。「ドリンクバーひとつ!」って言ったら「¥1,200でございます。」っていう感じです。普通のリペアショップなら高くても¥3,000までの仕事です。
 ボクも子供じゃないんで、その店では修理は受付だけ、外注になるのも分かります。点検費、往復の輸送代(多分まとめて取りに来てるからほぼタダだと思うけど)もかかるでしょう。バイトに給料も出さないといけません。普通にリペアショップに持ち込むよりも割高になるのは分かります。
 
 ホテルでオレンジジュース頼むと¥1、000くらいします。でもホテルのあのゴージャスな雰囲気で飲める。ジュース自体も質のいいものだと思います。店員は身だしなみがきれいだし、丁寧だし。「ま、しょーがないか。」って思います。だから高いのはいいですし、価格はお店が決める事です。
 でも今回の件、修理に出した彼に何かいい事あります??梅田までの交通費、時間、労力(これは彼の勝手ですけど)、ふかふかのソファー席に通されてじっくりと丁寧なスタッフにもてなされたのでしょうか?お茶くらい出たのでしょうか?
これ、もし修理に出しても納期はかなりかかると思います。(一斉に出すでしょうから)いい事なんて何一つない。お店の経費を乗せられているだけです。
 ここまでひどいんなら「ウチは修理してないんでこちらどうぞ!」って近くのリペアショップの電話番号貼っておいたほうがいいんじゃないか。せめて、お客さんに1番有益な方法を案内してあげてほしい。
IMG_4443.JPG
あまりにひどいからウチでやりました。予想通り、ジャックの断線でした。夕方預かって次の日に返せます。他もチェックして¥2,500いただきます。
IMG_4444.JPG
「ウチに持って来い!」とは言いません。お近くなら、一回聞いてみてほしいって。それだけ。
大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア