2018年06月23日

生徒さんのギターが2本同時入荷しました。ACE-5S編。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。昨日の風呂はサブかった。今日ガスが来る予定( ̄ー ̄)
ACE-5SのSというのはスプルースという意味。ギターの表面板の種類を差します。今回は2本ともスプルースにしました。ギターはスペイン製で実はそんなに本数が多くありません。今回も2ヶ月待ちでようやく入ってきたのは4本だけ、しかもスプルースはこの2本。日本全国でそんだけしかないという事です。
IMG_20180623_120354.jpg
新しいギターが届くと自分のじゃないのに、テンションが上がるのはなぜだろう。
IMG_20180623_125710.jpg
きゃ〜スケスケ〜気になるぅ〜。検品せねば。
IMG_20180623_130156.jpg
美しい。スプルースの特徴は音の輪郭がスッキリしているのと、タッチで音色が自在に変化する。反応がいいところかと思います。ネックはまっすぐ!ビビりなし。弦高低くて弾きやすい。音も締まってますよ。僕のメインギターはこのシリーズの古いAC-80というギターですが、どんどん品質が良くなってる気がする。スペイン製特有の雑さがなくなって、音は個性的なまま見た目もきれい。で、¥50,000(税込) これ、超コスパ高くないっすか。
音も最高に響くね。カメラをVictor Everioに変えました。
1529813947998.jpg
2本とも良かったよ〜、1本は早速お渡し。もう1本は小学6年生の女の子が使います。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 https://musica-guitar.com/
posted by 樋口昌紀 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月22日

気になる音は、やっぱり気になる。Schecter DIAMONDシリーズ編。

こんばんは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。まだガスが来ません。(´;ω;`)
 さて、ギターを弾いていると、異音が気になる事があります。「そうかぁ、そんなもんやで。」と言われても気になる。気になればなるほど、その音に執着してしまう。そう。気になるんです!解消せねば。で、お預かりしたシェクターのギター。原因はフレットか?どこだろう。
IMG_20180622_173038.jpg
なんと、ブリッジでした。ブリッジサドルの弦溝の処理が原因だったのです。(フレットだと思ってました。)
IMG_20180622_173021.jpg
あとは全体の調整、チェックをしてもらっています。カッコいいギター、若くて精悍なルックス。僕もそろそろエレキ弾く時間とりたいなぁ。最近はPCの事ばっかりで、アナログ脳の樋口はフラフラ。。でも、ああいうPCやインターネットの事が分かる人って本当に尊敬します。どんな頭してるんやろ。。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>
大阪府高槻市のギター教室 https://musica-guitar.com/

posted by 樋口昌紀 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ギターリペア

2018年06月21日

またガスが止まる。

こんばんは。いつもご訪問ありがとうございます。読者の皆様はおそらく高槻の方が多いのではないでしょうか。ウチはまたガスが止まりました。電気ポットと水のブレンドも不便なので千里の湯(カミさんの実家)に来ております。お風呂に窓があるのが気に入っており、のんびりしております。
IMG_20180621_200639.jpg
帰ったら練習します。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 https://musica-guitar.com/
タグ:お知らせ
posted by 樋口昌紀 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編・雑記

2018年06月20日

HP引っ越しました。24日の合奏練習は中止です。

こんにちは。ムジカ高槻ギター教室講師の樋口昌紀です。
 この度HPを引っ越しました。https://musica-guitar.com/が新しい住所です。PC顧問M氏ありがとうございます。
それから、6月24日の合奏練習は地震の影響で公民館が使えませんので、中止とさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月19日

2018年6月18日 高槻市で大きな地震がありました。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。「大阪は地震も台風もない。」とよく言っていた。感じたことのない大きな揺れ、ド〜ンっと、身の危険を覚える。すぐに伏せました。長い横揺れではなく縦に突き上げられた感じ。「これは大きな被害が出ている。」そう思いました。犠牲者の方が出てしまいました。特に小学生の女の子は人災だと思う。昔ピアノの調律師をしていた頃、市内の幼稚園、小中学校のほとんどのピアノを調律していました。もちろん寿栄小学校にも行ったし、鍵盤ハーモニカの実演販売もしました。樫田も行きました。だから、あの辺と言われればすぐに思い浮かびます。うちの子も小学生になって、いつも年上のお姉さんの話をしてます。優しくしてもらっているようです。あまりに痛ましい。子どもは生意気な時もあるし、ムカつく事もあります。でも、自分の心の中の子どもって「好き」どころじゃないくらい愛しい存在です。言葉が出ません。

タグ:お知らせ
posted by 樋口昌紀 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編・雑記

2018年06月16日

☆彡LINEが便利な件。

こんばんは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。ゲームはあんまりしない子どもでした。
 さて、今さら感がハンパないタイトルですが、昨年10月にスマホになり、先月くらいからLINEをはじめました。
IMG_20180616_200745.jpg
生徒さんが「先生もやったらよろしねん。」と。こんなのをくれました。読んだ。でも放置する僕、見かねた生徒さんが「ちょっと貸してみ。」とあっという間にLINE野郎になりました。予約や変更の連絡が無料になるし、伝わっているかどうかが確認出来て便利だなと思います。
IMG_20180616_195801.jpg
でも、まだよくわかってない。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 20:18| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月15日

昭和の名工、田村兄弟のギター。満(みつる)編。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。お待ちかねの、待ってない?ま、そう言わずに。。
 田村兄弟、弟満(みつる)氏のギター。やっぱり1960〜1975年辺りが面白いなぁと思います。特徴は精密な作り。お兄さんのギターはツボは押さえているけれど、どこか量産型という感じがしますが、満氏のギターは完全手工品のこだわりが一層強く感じられます。1975年辺りから番号が大きくなり、No.1000 No2000 No3000 といった感じになってきます。ハカランダも単板です。弦長は650mm、スプルーストップが多くなります。白っぽい、黄色っぽい表板になります。今回のギターは1972年製、杉トップにパリサンドル単板というモデル。No.800です。660mmスケール、このころはヘッド角が浅く、同年代のラミレスを彷彿とさせる佇まいであります。サウンドは奥行きがあり、これでもかというほどロマンティックに鳴ります。それでいてキレもあって音色豊かな、表現意欲をそそる作品。ちなみに1972年はあさま山荘事件があった年です。あそこは当時、河合楽器の保養所だったというのですから不思議な縁を感じます。
IMG_20180614_140935.jpg
満氏は演奏者としても、素晴らしかったらしいです。
IMG_20180614_140956.jpg
ヘッドからして手工品のオーラがあります。
IMG_20180613_104153.jpg
左が兄廣氏、右は弟満氏、2018年に大阪府高槻市ムジカギター教室で揃って記念撮影と相成りました。ご両名ともすでにお亡くなりになっているそうです。まさに昭和の名工です。
このような時代の曲には非常にマッチするギターだと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/

posted by 樋口昌紀 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月14日

昭和の名工、田村兄弟のギター。廣(ひろし)編。

こんにちは。高槻ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。今夜は十三で会議です。
 さて、今回はマニアックな特集。高知県の名工、昭和の名工、田村のギターについて。1960年代から1980年くらいまでのギターをよく目にします。田村廣さんがお兄さんで、P30とかpシリーズをよく見ます。横、裏板は合板のものが多く結構な量を作っていたのではないかと推測されます。生徒さんで「おじいちゃんのギターなんですけど、、」って、P30でした。1969年製です。1969年、ちょっと調べました。流行語は「オヨビでない」「はっぱふみふみ」とかです。米国はウッドストックフェスティバルの年です。ボブ・ディランはナッシュビル・スカイラインです。その当時、今から50年前の¥30,000のギターという事です。河合楽器の給料は¥30,000だったとの事。(母談)ちなみに家賃は¥10,000。だから牛乳屋でパートしてたらしい。
IMG_20180613_093749.jpg
スプルース単板(杉が多いので珍しい)とローズウッド。弦長665mm、黒檀指板。
IMG_20180613_094030.jpg
もし、見つけたら大事にしたいギターですね。もう手に入らないでしょう。
IMG_20180613_094105.jpg
ヘッドもビシッと鋭角でカッコいい。驚くのはその製作技術。50年経っても何処も変形してない。ネックもまっすぐ。この人たちってスペインに修行とか行ってるんですかね。なんか修行に行かずに出来てしまってる感アリ。「木工なら俺たち日本人に任せとけ。」的な職人魂を感じます。この田村廣ギター今まで何本も見てきましたが1968〜1973年あたりが一番いいと思います。弦長が長くて、ドイツ式ジョイントで、よく歌うギター。クラシックギターの古い録音の音がします。P100とかも見ましたがハカランダになっているだけで、あんまり変わらない印象。しかも合板。P30で十分じゃないかなと思ってしまいます。80年代に入ると650mmとかになってます。周りに言われたんでしょうかね。「もうそんなデカいギター売れないよ。セゴビアなんか古いよ。」とか。でもギターラ・タムラの魅力はなくなってしまっているように思います。
スプルースなので少し繊細でおとなしめの音に感じます。杉のモデルはそれはそれは、豪快に朗々と鳴ります。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月13日

News ガンバッテ1年通ったら、弦をプレゼントしています。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。痩せません…
 ギターの弦交換、どれくらいの頻度で行ってますか?理想は3ヶ月くらいかと思います。よく練習する子は、
IMG_20180613_093903.jpg
こんな風に、弦が変色して切れてきます。ほぼ毎日弾いて3~5ヶ月でこんな事になると思います。ムジカギター教室では心ばかりのプレゼント、1年がんばった証に弦を1セットプレゼントしています。嬉しいじゃないですか。ムジカを見つけて、ムジカに通って、こんなになるまでギターを弾いてくれて。上手になって、みんな誇らしげに弾いています。
IMG_20180613_104323.jpg
弦はサバレス。間違いない。張り替えもサービスでしますよ。生徒の皆さん、いつもありがとうございます。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/

posted by 樋口昌紀 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導

2018年06月12日

どんなギターを買えばいいのか?何を基準に選べばいいのか?楽器屋さんに行くのは勇気が入りますよね。

こんにちは。ムジカギター教室講師の樋口昌紀です。ご訪問ありがとうございます。
 さて、まだギターの事が全くわからない方から「ギターを買ったほうがいいのでしょうか?」「どんなギターを買えばいいのでしょうか?」という質問をよくお受けします。勇気を出して楽器屋さんに行っても、何をどう選べば分からないから店員さんに訪ねる事になりますね。すると「何が弾きたいのですか?」「どんな事がしたいのですか?」となるわけです。こっちからしてみたら「それも分からない。単にギターが欲しいのだ。」と言いたい。でもなんかモジモジしてると「弾き語りですか?」とくる。「ま、そういうのもしてみたいとは思いますけど、」といえばすぐに「じゃ、フォークギターですね。」となるわけです。しょーがないっちゃしょーがないんですけど、ボサノバ歌手とか、マリアッチの事もちょっと思い出してください。
これはクラシックギターです。だから弾き語り=フォークギターと決めつけないで、え〜〜と、早い話、初心者の方はクラシックギター買いましょう。「ネックが太いから弾きにくい。」とかよく書いてありますけど、逆です。ネックが太くて指板が広いから弾きやすくて挫折しにくいんですよ。はい。
IMG_20180612_095533.jpg
こんな感じのギターです。でも、ピックガードに憧れたなぁ。

にほんブログ村 音楽ブログ ギター教室へ
にほんブログ村手(パー)こちらもどうぞ。
人気ブログランキングご訪問いただき誠にありがとうございました。樋口昌紀<(_ _)>

大阪府高槻市のギター教室 http://musica09.sakura.ne.jp/
posted by 樋口昌紀 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター教室・指導